ニュースリリース


JFEスチール株式会社

東アフリカ地域への寄付を目的とした防災補完機能付き自動販売機の導入

このたび、当社は販売代金の一部を東アフリカ地域へ寄付することを目的とした、防災補完機能付きの新型自動販売機を、日比谷本社に2台設置しました。本日、ウガンダ共和国大使ベティ・グレース・アケチオクロ氏が来社され、当社の柿木厚司社長と共に、当機導入を記念したセレモニーに出席されました。

防災補完機能付きの新型自動販売機

今回設置されたのは、株式会社テクノトレーディング(本社:東京都新宿区、社長:宮崎治男)が企画した新型自動販売機です。設置目的は東アフリカ地域への寄付で、一般社団法人日本ウガンダ経済推進協会を通じて、UNICEF、赤十字およびSave the Childrenなどの援助機関に寄付されます。販売代金の10%が、主に子供たちへの良質な飲料水の安定供給や防疫施設の整備など、社会環境の改善に貢献するために使われます。
 また、当機はスチール缶の販売促進に加え、下記三つの防災補完機能を備えています。
 ① 被災時の飲料無償提供
 ② AED(自動体外式除細動器)
 ③ 衛星電話
これらにより、震災などによってライフラインが停止した際にも、初期の被災対応が可能となります。設置場所は、日比谷本社の23階と30階です。

 本日30階にて行われたセレモニーでは、当機導入による寄付に対し、ベティ・グレース・アケチオクロ大使から柿木社長に感謝状が贈られました。

今後、各地区製鉄所への導入も考えており、設置台数を順次拡大していく予定です。有事の際に備え、防災対策を拡充するとともに、台数増加による寄付額増によって、東アフリカ地域の社会環境改善に貢献します。

【写真】感謝状を手渡すウガンダ共和国大使(左)と柿木社長

感謝状を手渡すウガンダ共和国大使(左)と柿木社長



本件に関するお問い合わせは、下記にお願い致します。
JFEスチール(株) 総務部広報室 TEL03(3597)3166

ニュースリリース一覧へ戻る