ニュースリリース


JFEスチール株式会社

14,000TEU級大型コンテナ船に構造アレスト技術を世界初適用
~鉄鋼分野と造船分野におけるJFEグループの力を結集して共同開発~

当社がジャパン マリンユナイテッド株式会社(本社:東京都港区、社長:三島愼次郎、以下「JMU」)と共同で開発した、独自の大型コンテナ船向け構造アレスト技術(脆性き裂(*1)伝播停止技術、以下「当技術」)が、構造アレスト技術として世界で初めて、10,000TEU(*2)を超える大型コンテナ船に適用されます。一般財団法人日本海事協会から、JMUが当技術を適用した大型コンテナ船の図面、施工法の認証を取得するとともに、当社が当技術用に新たに開発した高強度厚鋼板の製造法の認証を取得しました。現在、JMU呉事業所で建造中の14,000TEU級大型コンテナ船に適用される予定です。

厚鋼板を使用する大型コンテナ船には、脆性き裂の発生防止に加えて、脆性き裂が万一発生した場合にその伝播を停止させる二重の安全性能(アレスト性能)が求められます。しかし、一般に鋼板の厚さや強度が増すと、脆くなりやすく、かつ溶接も難しくなり、アレスト性能が低下する傾向があります。これに対し、当社は2014年に、独自の組織制御技術と高度な圧延技術を用いて、特別な粘り強さを持つ板厚80mmの高強度高アレスト鋼板(*3)を開発しており、材料アレスト技術に対応しています(図参照)。

今回当社がJMUと共同で開発した当技術は、溶接構造物である船体が持つ特長を活かして、溶接・設計を含めた構造によって船体の安全性を向上させる技術です(図参照)。船体の大部分で適用されるすみ肉溶接部(*4)について、溶接部の配置や施工法を工夫することで、脆性き裂の伝播を抑止します。同じJFEグループの鉄鋼会社である当社、および造船会社であるJMUの力を結集して開発した、当オンリーワン技術を用いることで、従来よりも厚い板厚の高強度鋼板が適用可能となり、コンテナ船の大型化による貨物積載量の増加や船体の軽量化による燃費改善、重心の低下による航行の安定性向上に寄与します。

【図】構造アレスト技術と材料アレスト技術(概念図)

【図】構造アレスト技術と材料アレスト技術(概念図)

今回の構造アレスト技術の開発によって、当社は厚鋼板が使用される大型コンテナ船のアレスト設計に対して、高アレスト鋼を適用する材料アレスト技術と構造アレスト技術の両方のラインナップを有することとなり、今後、お客様のご要望に応じたより柔軟な提案が可能となります。

当社は今後とも、高機能・高品質な鋼材の供給を通じて、船舶のさらなる経済性、安全性、信頼性向上に努めるとともに、地球環境の保全に貢献し、お客様や社会の多様なニーズに積極的に応えてまいります。

(*1)脆性き裂
溶接継手の内部などに存在するごく微細なきずが成長した欠陥から、変形をともなわず発生するき裂。発生したき裂は高速で伝播し、構造物の大規模破壊につながることがある。

(*2)TEU
Twenty-foot Equivalent Unitの略。20フィートコンテナの最大積載数を表す数字。

(*3)高アレスト鋼板
脆性き裂の伝播を停止(アレスト)できる性能を備えた鋼板。

(*4)すみ肉溶接
鋼板と鋼板をT型に接合する場合に用いられる溶接方法。鋼板同士を接合する場合を突合せ溶接という。

すみ肉溶接

本件に関するお問い合わせは、下記にお願い致します。
JFEスチール(株) 総務部広報室 TEL03(3597)3166

ニュースリリース一覧へ戻る