ニュースリリース


JFEスチール株式会社

建築構造用低降伏比780N/mm2級高張力厚鋼板『HBL®630-L』が
「新宿東宝ビル新築工事」に初採用

当社が開発した建築構造用低降伏比780N/mm2級高張力厚鋼板『HBL®630-L』が、このたび、「新宿東宝ビル新築工事」の溶接4面BOX柱材として約200トン初採用されました。

近年の超高層建築構造物においては、下層部の大きな吹き抜けや大スパンなど多様化する建築計画を実現するため、高軸力を支持できる高強度の柱材の要望が増えていました。当社は、これらの要望に応え、従来一般的に使用される構造用鋼材(490N/mm2)の約1.6倍に相当する引張強度(780N/mm2)を有し、耐震安全性確保のために必要とされる低降伏比(85%以下)と優れた溶接性・靱性を兼ね備えた、新しい低降伏比高張力厚鋼板として『HBL®シリーズ』(*1)の新商品『HBL630-L』を開発しました。

建築構造用鋼材に要求される加工・溶接性を満たし、高強度と低降伏比を両立させるために、従来では熱処理において多くの工程が必要とされ、またそれをオフラインで行っていました。『HBL630-L』は、当社オンリーワン技術である厚板オンライン熱処理設備HOP®(*2)を適用し、オンラインで熱処理を行うことにより、工期の大幅短縮を実現しました。『HBL630-L』は、当社西日本製鉄所福山地区で製造しており、2009年8月に国土交通大臣認定(*3)を取得しました。

今回、『HBL630-L』による溶接4面BOX柱を使用することにより、柱を細くすることが可能となり、「新宿東宝ビル新築工事」の主要柱として採用されました。

当社は今後もお客様のご要望に幅広くお応えすべく、付加価値の高い建築建材商品の開発に努めてまいります。

(*1)『HBL®シリーズ』:

JFEスチールの建築構造用低降伏比鋼材のオリジナルブランド。これまでに490N/mm2級厚鋼板『HBL325』、520N/mm2級厚鋼板『HBL355』、550N/mm2級厚鋼板『HBL385』、590N/mm2級厚鋼板『HBL440』を商品化した。

(*2)厚板オンライン熱処理設備HOP®

Heat-treatment On-line Process。世界で始めて厚板の圧延ライン上で連続オンライン熱処理を可能にした設備。第6回新機械振興賞で経済産業大臣賞を受賞した。

(*3)国土交通大臣認定:

建築基準法第37条に基づく国土交通大臣認定。建築基準法で指定されたJIS材と異なる鋼種(高強度鋼等)の使用については、大臣認定の取得が必要となる。

【参考】「新宿東宝ビル新築工事」の概要

所在地 東京都新宿区歌舞伎町一丁目19番1
建築主 東宝株式会社
設計 株式会社竹中工務店
施工 株式会社竹中工務店
主要用途 店舗・シネマ・ホテル
建築面積
5,590.65m2
延床面積
54,713.62m2
最高高さ 130.25m
規模 地下1階、地上30階、塔屋2階
構造種別 鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造
工期 2012年7月~2015年3月

写真提供:(株)竹中工務店
写真提供:(株)竹中工務店

本件に関するお問い合わせは、下記にお願い致します。
JFEスチール(株)総務部広報室 TEL 03 (3597) 3166

ニュースリリース一覧へ戻る