ニュースリリース


JFEスチール株式会社

平成26年度 科学技術分野の文部科学大臣表彰 科学技術賞(開発部門)を受賞
-革新的熱加工制御技術を駆使した高性能厚鋼板の開発育成-

このたび当社は「革新的熱加工制御技術を駆使した高性能厚鋼板の開発育成」の成果が認められ、平成26年度 科学技術分野の文部科学大臣表彰(*1)科学技術賞(開発部門)を受賞しました。当社の同賞受賞は、昨年に続き2年連続となります。本日、表彰式が文部科学省(東京・千代田区)にて行なわれ、当社の津山青史専務執行役員が受賞者を代表して謝辞を述べました。

受賞案件 「革新的熱加工制御技術を駆使した高性能厚鋼板の開発育成」
受賞者 JFEスチール(株) 専務執行役員 スチール研究所所長 津山青史

厚鋼板は造船・建築・エネルギー分野など幅広く用いられていますが、近年、軽量化や省資源などを目的に高強度化が進められてきました。一方で安全性向上の観点から、アレスト性能(*2)や変形性能などの従来にない高い性能も求められるようになってきており、当社は高い強度と安全性を共に備えた厚鋼板の開発に取り組んできました。

当社は、鋼板を構成する結晶粒を特定の方位に揃える「集合組織制御技術」を活用し、亀裂の伝播を抑制する集合組織を優先的に発達させることにより、高いアレスト性能を持つ厚鋼板を開発しました。また、当社独自のTMCP(*3)により鋼板のミクロ組織を軟質相と硬質相の複相組織とし、その硬さや構成比を変化させる「第2相組織制御技術」により、従来技術では達成しえなかった高強度と高変形性能を持つ厚鋼板を開発しました。

本成果により、当社では様々な分野で高性能鋼材の開発・実用化を達成しています。例えば、造船分野では極厚高強度高アレスト鋼、建築分野では高耐震性高強度鋼(HBL®)などが開発成果として挙げられます。

今回の受賞は本技術が、厚鋼板の強度・安全性を飛躍的に向上させることにより、造船分野や建築・エネルギー分野など社会インフラの発展に大きく寄与したこと、加えて開発に携わる研究者への指導・育成の成果が高く評価されたことによるものです。

当社は今後とも、お客様のニーズにお応えできる最先端の技術革新、商品開発に注力し、高機能・高品質な鋼材商品の提供を通じて、社会に貢献してまいります。

(*1)科学技術分野の文部科学大臣表彰:
科学技術に関する研究開発、理解増進等において顕著な成果を収めた者について、その功績を讃えることにより、科学技術に携わる者の意欲の向上を図り、もって我が国の科学技術水準の向上に寄与することを目的としている。

(*2)アレスト性能:
鋼構造物で亀裂が発生したときに、その進展を止めて破壊を防止する性能。

(*3)TMCP:
Thermo-Mechanical Control Process(熱加工制御)。制御圧延、加速冷却を駆使してオンライン製造で鋼材の強度や靱性を向上させる技術。


【写真】文部科学省での表彰式

文部科学省での表彰式
本件に関するお問い合わせは、下記にお願い致します。
JFEスチール(株)総務部広報室 Tel 03(3597)3166

ニュースリリース一覧へ戻る