ニュースリリース


JFEスチール株式会社

世界初「X80グレードの管厚1インチ(25.4mm)電縫鋼管」を開発・初受注

当社は、このたび世界で初めてAPI X80グレード(*1)の管厚1インチ(25.4mm) 電縫鋼管を開発し、石油・天然ガス掘削機器製造で世界最大手のDril Quip社及びGE Oil&Gas社からコンダクターケーシング(*2)用の電縫鋼管として初受注しました。既に知多製造所で製造を開始しており、今春出荷する予定です。

世界の石油・天然ガス開発の進行により、オフショアにおいても開発の中心は従来に比べより高深度のフィールドへ移行しています。それに伴い、使用される鋼管もより高い外部圧力に耐え、また井戸内部の油井管を支えるため高強度、厚肉の材料が必要となってきました。電縫鋼管はコストパフォーマンスに優れた鋼管ですが、高強度・厚肉の材料を高い精度で成形することは技術的に難しく、このような厳しい環境に使用されるコンダクターケーシングは、従来UOE鋼管もしくは継目無鋼管が多く使用されてきました。今回、当社は高強度・厚肉材の豊富な製造実績を基にした独自の成形技術により、世界で初めてX80グレードでの管厚1インチ電縫鋼管を開発し、上工程からの一貫製造体制を構築しました。

また、今回開発した高強度・厚肉電縫鋼管はコンダクターケーシングのみならず、今後海底パイプラインに使用される高級ラインパイプ分野などへの応用ができると考えております。

当社は今後とも鋼管をはじめとする高機能・高品質な鋼材商品の提供を通じて、世界の資源・エネルギーの安全かつ経済的な開発に貢献してまいります。

【Dril Quip社の概要】
1981年創立。米国・英国・シンガポール・ブラジルで油田掘削関連機器を製造。
本社 : 米国 テキサス州ヒューストン
売上高 : 7.3億ドル(2012年)

【GE Oil&Gas社の概要】
1994年にGE(ゼネラルエレクトリック)の石油・天然ガス開発関連部門として創立。
 石油・天然ガス分野における機器製造、設計、サービスを世界的に提供。
本社 : 米国 テキサス州ヒューストン
売上高 : 152億ドル(2012年)

(*1)API X80グレード
アメリカ石油協会(API)の規格に準拠した強度等級。X80は降伏強度が555MPaであることを示す。

(*2)コンダクターケーシング(Conductor casing)
石油・ガス井の掘削作業の初期段階において、油井管を外圧から守る強固な外殻として地中(海底含む)に埋設する鋼管。

コンダクターケーシング

(製品写真)X80グレード 管厚1インチ電縫鋼管

X80グレード 管厚1インチ電縫鋼管

 

本件に関するお問い合わせは、下記にお願い致します。
JFEスチール(株)総務部広報室 Tel 03(3597)3166

ニュースリリース一覧へ戻る