2012年10月31日
  • JFEスチール株式会社
    サハビリヤスチール社
    伊藤忠丸紅鉄鋼株式会社

JFEスチール、サハビリヤスチール、伊藤忠丸紅鉄鋼における協力関係強化について

JFEスチール株式会社(所在地:東京都千代田区、社長:林田英治、以下「JFE」)は、タイのサハビリヤスチール社(Sahaviriya Steel Industries Public Co., Ltd.、所在地:タイ・バンコク都、社長:Win Viriyaprapaikit、以下「SSI」)および伊藤忠丸紅鉄鋼株式会社(所在地:東京都中央区、社長:牛野健一郎、以下「MISI」)との間で、本日、今後のタイ鉄鋼市場における協力関係の強化を趣旨とする提携合意書を締結しました。
 今回合意した提携内容は下記の通りです。


1.JFEおよびMISIのSSIへの出資(増資)
JFEとMISIは、SSIが新規に発行する普通株式を0.68バーツ/株で引受け、各々25百万USドル、合計50百万USドルの出資を行なう。
実施時期は本年11月上旬とする。

2.既存合弁事業(冷延鋼板製造)の出資比率変更、および技術支援
JFEとMISIは、SSIとの既存の合弁事業であるタイコールドロールドスチール社(Thai Cold Rolled Steel Sheet Public Co., Ltd.、所在地:タイ・バンコク都、社長:Nava Chantanasukaron、以下「TCR」)の株式をSSIから買い取り、TCRへの出資比率を引き上げる。
実施時期は2013年1月末までとし、新たな出資比率はSSIグループおよびJFEグループが各々36.04%、MISIが25.10%となる。
JFEはタイの自動車産業の増大する需要に応え冷延鋼板を安定供給するために、TCRに対して必要な技術支援を行なう。

3.JFEとSSIにおける鋼材取引関係の強化
  JFEからSSIへのスラブ供給、JFEおよびSSIからTCRへの熱延原板供給について、量的拡大を図り、安定供給に努める。

4.JFEとSSIにおける技術協力関係の構築
  JFEはSSIグループに対し、製造技術面での協力を実施する。

 今回の協力関係強化により、タイで生産拠点拡充を進めている自動車会社をはじめとするお客様の現地調達要請にお応えするとともに、タイ市場のみならずアセアン市場全体における成長戦略を一層強力に推進してまいります。

【SSI社の概要】

名称 Sahaviriya Steel Industries Public Co., Ltd.
所在地 本社 タイ・バンコク都
    工場 タイ・プラチュアップキリカーン県バンサパン地区
設立 1990年3月
代表者 Win Viriyaprapaikit
事業内容 熱延鋼板の製造・販売
資本金 182億バーツ(2011年12月末) ※今回の増資完了後は378億バーツ
売上高 533億バーツ(2011年)
社員数 1,004人(2011年12月末)
     
従来
今後(増資完了後)
出資比率 サハビリヤグループ
35.7%
32.8%
    Vanomet社
15.3%
29.4%
    JFEスチール
0%
3.1%
    伊藤忠丸紅鉄鋼
0%
3.1%
    その他
49.0%
31.6%
設備 熱間圧延(400万トン/年)、酸洗熱間圧延(100万トン/年)

【TCR社の概要】

名称 Thai Cold Rolled Steel Sheet Public Co., Ltd.
所在地 本社 タイ・バンコク都
    工場 タイ・プラチュアップキリカーン県バンサパン地区
設立 1990年3月
代表者 Nava Chantanasukaron
事業内容 冷延鋼板の製造・販売
資本金 107億バーツ
売上高 135億バーツ(2011年)
社員数 800人(2012年3月末)
     
従来
今後
   
出資比率 サハビリヤグループ
51.0 %
36.04%
   
    JFEスチール
22.41%
34.47%
36.04%
    JFE商事
1.57%
1.57%
    伊藤忠丸紅鉄鋼
22.2%
25.1 %
   
    その他(豊田通商、住友商事 他)
2.82%
2.82%
   
設備 酸洗冷間圧延(100万トン/年)・焼鈍・調質圧延・精整、一式

MISI 牛野健一郎社長、SSI Win Viriyaprapaikit 社長、JFE 林田英治社長
(左から)MISI 牛野健一郎社長、SSI Win Viriyaprapaikit社長、JFE 林田英治社長

 

 

本件に関するお問い合わせは、下記にお願い致します。
JFEスチール(株)総務部広報室 TEL 03 (3597) 3166