2012年2月14日
  • JFEスチール株式会社

インドJSWスチール社の持分法適用会社化について

当社はこのたび、当社が保有するインドJSWスチール社(JSW Steel Limited 本社:インド ムンバイ、社長:サジャン・ジンダル、以下JSW社)の議決権の無いGDR (*1)を普通株式に転換することにより、JSW社への出資比率を15%へ引き上げました。

今回の出資比率引き上げは、昨年のインドにおける株式公開買付に関する規制の改訂を受け、JSW社との合意に基づいて実施したものです。当社は、既に非常勤取締役1名をJSW社に派遣していることから、この出資比率の引き上げにより、JSW社は当期より当社の持分法適用会社となります。

なお、本件による2012年1月30日公表のJFEホールディングス株式会社の連結業績予想の変動はありません。

当社は、引き続きJSW社との提携を深化させ、インド市場での生産・販売基盤の一層の強化に努めてまいります。

*1 GDR(Global Depositary Receipts) : グローバル預託証券。企業が自国以外の海外市場 で株式の代わりに流通させる証券のこと。

【JSWスチール社の概要】

1. 本社所在地 インド ムンバイ
2. 設立 1994年
3. 連結株主資本
(2011年3月末)
1,653億ルピー(約2,546億円:1.54円/ルピー)
4. 社長 サジャン・ジンダル(Sajjan Jindal)
5. 製鉄所 ビジャヤナガール製鉄所(インド南西部カルナタカ州):
 JSW社の基幹製鉄所。
他にヴァシンド、タラプール製鉄所(ムンバイ近郊)、
セーラム製鉄所(タミル・ナドゥ州セーラム)
6. 粗鋼生産能力 年産1,100万トン
7. 主要設備 コークス炉、ペレット工場、焼結工場、高炉(4基)、
還元鉄工場、スラブ連鋳、熱間圧延工場、
冷間圧延工場、溶融亜鉛めっき工場、棒鋼工場、
線材工場 等
8. 主要製品 熱延鋼板、冷延鋼板、溶融亜鉛めっき鋼板、線材、棒鋼
9. 連結売上高
(2011年3月期)
2,587億ルピー(約3,984億円)
10. 連結税前利益
(2011年3月期)
244億ルピー (約376億円)
<備考>
JSWグループは、鉄鋼事業のほかに、鉱業、電力、産業用ガス、港湾運営、アルミニウム、セメント、ITの事業を運営している。
インドにおける最大のメッキ鋼板、カラー鋼板の輸出企業で、世界100カ国以上に輸出している。


JSW社の主要製鉄所および新製鉄所建設予定地

 

本件に関するお問い合わせは、下記にお願い致します。
JFEスチール(株)総務部広報室 TEL 03 (3597) 3166