HOME > 製品・サービス > 建築 >  > 外法一定H形鋼
外法一定H形鋼・CT形鋼[スーパーハイスレンドH]
柱トップページ
梁トップページ
|概要・対応規格|製品規格製造方法製造可能範囲断面性能ラベルと表示
鉄骨部材に要求される性能
最大ウェブ高さ1,000mmで42シリーズ・311サイズと豊富な断面を揃えています。
S・SRC造の構造部材としてご使用頂いています。
 


概要
 
 
スーパーハイスレンド®Hの特徴

外法一定H形鋼[スーパーハイスレンド®H(SHH)]は、ウェブ高さ(H)、フランジ幅(B)がシリーズ内で一定です。
ウェブ厚さ(t1)、フランジ厚さ(t2)は標準板厚系列です。
寸法精度に優れます。(日本建築学界建築工事標準仕様書鉄骨工事JASS6に準拠します。)
サイズレパートリーが豊富です。(42シリーズ、311サイズ)

材質について
SN400/490材:建築鉄骨固有の要求性能(塑性変形によるエネルギー吸収能力、溶接性、寸法精度等)を考慮した鋼材です。
(JIS G3136に規定されています。)
SM400/490,SS400/490:JIS G3106(SM),JIS G3101(SS)に規定されている鋼材です。

HBL®-H355の特徴
外法一定H形鋼としては国内初となる建築構造用520N/mm2 TMCP H形鋼です。(国内最高強度)
2011年4月28日に大臣認定を取得。(MSTL-0314)
SN規格に準拠し、耐震性と溶接性を兼ね備えた520N/mm2級圧延H形鋼です。
製造サイズは外法一定H形鋼のウェブ高さ:700mm以上。
フランジ幅:350mm以上。フランジ厚さ:32mm以上。(12シリーズ・44サイズ)
SN490に対して最大9%の鋼材重量低減が可能。
形鋼TMCP設備“Super-OLAC® S”を用いて強度と靭性を確保しています。
 
対応規格
  (単位:N/mm2)
  400N鋼 490N鋼 520N鋼 550N鋼 規格
SN鋼
 
 
 [F値]  
板厚 40mm以下
SN400A
SN400B
*SN400C
 
[235]
 
SN490B
*SN490C
 
[325]
   
JIS G3136
 
 
建築構造用
520N/mm2級TMCP
 
   
   
   
*HBL®-H355B
*HBL®-H355C
[355]
 
大臣認定品
 
 
SM鋼
 
 
 [F値]  
板厚 40mm以下
SM400A
SM400B
*SM400C
 
[235]
SM490A
SM490B
*SM490C
 
[325]
   
JIS G3106
 
 
SS鋼
 [F値]  
板厚 40mm以下
SS400
 
[235]
     
JIS G3101
 
 
耐火鋼
 
 
 
 [F値]  
板厚 40mm以下
SM400A-FR
SM400B-FR
 
[235]
SM490A-FR
SM490B-FR
 
[325]
   
JIS G3106
耐候性鋼
 
 
 
 
 [F値]  
板厚 40mm以下
SMA400AW
SMA400BW
SMA400AP
SMA400BP
 
 
[235]
SMA490AW
*SMA490BW
SMA490AP
*SMA490BP
 
 
[325]
   
JIS G3114
 
 
*印規格の適用をご検討の際は、あらかじめご相談下さい。特に建築物にご使用の場合は、確認申請前にご相談下さい。