制御

製銑(高炉)

貞元 雅矢

制御部 冷延制御室

広島県出身

制御

制御(電気)

製鉄所の各種設備・装置について、電気・計装的な側面から保守保全を行うのが主な仕事です。具体的は業務としては、担当設備の点検・状況把握、保全計画の立案、工事の施工管理や安全管理、トラブル対応、工事実績や予算・在庫の管理、各種改善や改造を行っています。設備の選任ドクターとして、製鉄所の安定稼動のため尽力しています。

自分の改善で効果が得られた時、大きなやりがいを感じる。

制御
最新の設備を細心の注意で管理

食缶・食料缶等の各種缶類をはじめ、電機部品等幅広く使用されているブリキを生産する錫鍍金工場で、ブリキ鍍金を施す前工程にあたるCALという設備をトラブルの無いよう電気系統の保全を日々行うのが現在の業務です。CALとは連続焼鈍炉のことで、熱延工場で作られた薄板をさらに冷間圧延した次工程で、鋼板を連続的に加熱・冷却し、強靭な加工性に優れた鋼板を作ります。

設備の保全業務と一言で言ってもその業務範囲は広く、自分自身で行うものもあれば、専門の技能を持つ施工会社へ発注をすることもあります。いずれにしても、担当の設備に関して充分な知識を取得した上で行わなければなりません。具体的な業務内容は、設備保全計画の立案・実行、突発故障対応、予備品の管理等です。設備の特性や各部品の耐久性を勘案した上で、故障に至る前に修理や交換をし、設備の安全化を目指します。一方で、まだ利用できる部品を早々に交換してしまうことで、不要なコストを生まないよう慎重に行わなければならず、補修や交換のタイミングには職人並の絶妙な経験、知識、そして勘が必要です。

貞元 雅矢
入社~現在~これから

入社前は、これだけ大きな工場の保全を行うことには大変多くの知識が必要であり、また365日24時間稼動を守るべくし職場の雰囲気も厳しいかと思っていました。入社して分かったことは、一時停止などの基本的なことから職場の安全に至るまでのルールを守ると言うことにはとても厳しいですが、日常の業務遂行は上司・先輩と・円滑にコミュニケーションがとれ、仕事の話に限らず、休日の遊びやスポーツなども話せる雰囲気の良い職場です。

また、保全業務は非定常作業も多くあり、修理や突発故障時は忙しく大変ですが、職場内で協力・応援体制が整った環境であり、気軽に声掛け・相互応援してもらっています。

今後はもっと多くの経験や知識を身につけ、周りから信頼されどんな仕事でも任せられるような社員になり、いずれは新設備の立ち上げ等責任のあるし仕事を経験したいです。

JFEを目指す皆様へ

制御部では3年で一人前になるための教育システムができており、たくさん覚えることがあります。私はくじけず現在も一生懸命努力しています。1日に必ず1つ以上は新しいことを覚えるという気持ちを持って仕事に取り組んでいます。そして、わからないことがあればすぐに先輩に質問してメモをとり、メモをしたことは後で復習し、より理解を深めるよう心がけています。そしてその経験を惜しむことなく後輩へ伝えています。

これから入ってくる新人の方も少しでも早く一人前になって、即戦力として活躍してもらいたいので、努力ができる人、向上心のある人に入社してほしいです。

休日は趣味のバス釣りに出かけることもあります。大きなバスがたくさん釣れるととても楽しいですが、そうそううまくはいきません。でも、なかなか釣れないところが、バスフィッシングのおもしろさかもしれません。