厚板・条鋼・溶接管

厚板・条鋼・溶接管

鹿 淳一

厚板部 厚板工場

佐賀県出身

厚板・条鋼・溶接管

ビルや橋梁など社会基盤を支える条鋼

形状が平らでない圧延鋼材であるレールやH形鋼・棒鋼などを総称して条鋼と呼びます。ビームブランクやブルームなどの圧延素材をロールの間を通して製品に仕上げていきます。板圧延との大きな違いは圧延素材に対して上下左右すべての面にロールを当てて、面を平滑にすることが挙げられます。

巨大な鋼板を数ミリ単位で調整する。

厚板・条鋼・溶接管の様子
ダイナミックかつ繊細な職場

私は現在、造船材や圧力容器、建築構造などに用いられる銅鈑を製造する厚板工場に所属しています。その製造プロセスは、製鋼で鋳造されたスラブを加熱・圧延し、お客様より指定された製品寸法に切断した後に、検査及び製品のナンバー表示を行い、出荷をするという流れです。実際の活用例では、東京スカイツリーの屋台骨となるパイプの原板は、当工場にて製造されたものです。

私自身の業務は、製品寸法をお客様のオーダーに応じて調整する剪断ラインでの設置オペレーター業務です。剪断機の運転やそのナイフ組替作業、設備周りの点検の他、設備に異常が発生した際は補修の応援作業なども行います。

一見同じような連続作業と思えるこの業務は、実は非常に奥深く、同じ性質の鋼板を同じ寸法に切断するにも前後行程の処理方法で仕事内容が変化します。例えば。鋼板の幅を切断するサイドシャーという設備ですが、前行程の処理方法、鋼種、温度などに加え設備の状況によっても切断状況が変化し、鋼板を思い通りに切断 できないことがあります。お客様からの要望に応じた適切な寸法に仕上ることが求められるこの業務は、経験と勘が物を言う作業であり、難しいところがある一方で、自分の思い通りの作業ができた時には大きなやりがいを感じます。

鹿 淳一さん
入社~現在~これから

入社前まではラインの設備オペレーターの仕事は淡々と同じ作業を繰り返し行うものと思っていました。しかし、実際はライン作業に違いはないものの、同じ鋼板でも材料により一つひとつの作業が違うため、常に新鮮で緊張感のある仕事でした。そのぶんやりがいも多く、日々学ぶことに事欠きません。

また、職人気質の堅い人ばかりのイメージがありましたが、職場の先輩方や上司は気さくな人が多く、楽しく仕事ができます。当然みんな職人魂を持っており、その職人技をどうにか盗んでやろうとまだまだ勉強中です。

JFEを目指す皆様へ

JFEスチールは仕事・生活など多くの面でサポートが充実していると思います。特に一年目は、指導員の先輩が付いてくれます。マンツーマンで仕事や社会人としてのルールを教えてくれたことは今の自分にとってかけがえのない経験です。また、生活面では、福利厚生がしっかりしており、遠方からの就職でも寮で快適に過ごすことができます。

仕事をする上でコミュニケーションが何より大事です。元気に挨拶し、誰とでも会話が出来る人、そして何事にも前向きで挑戦する意欲的な後輩に是非入社してほしいです。

厚板工場の健康推進リーダーとして、工場のレクリエーションの企画・運営を行っています。休日は、社内スポーツ大会(野球・テニス・卓球・バレーボール)の練習をしており、今では各競技の練習が趣味になっています。

EditRegion8