福山地区

福山地区

文芸の歴史の風情を映す坂道と路地の街尾道など福山地区の魅力

福山地区の地図

福山地区マップ(クリックで拡大します。)


鞆の浦

鞆の浦

穏やかな海に仙酔島や弁天島などが浮かぶ鞆の浦は潮待ちの港として栄え、江戸の面影を強く残す。また、瀬戸内海国立公園を代表する景勝地で、初夏には観光鯛網が行われその勇壮で華麗な漁の様子を間近に見ることができる。

多々羅大橋

多々羅大橋

広島と愛媛との県境に位置する世界最長の斜張橋。車のほか自転車や徒歩でも渡ることができる。

尾道文学の小径

尾道文学の小径

急な坂道や入り組んだ細い路地など尾道ならではの風情を多くの文人が愛し、千光寺山頂にはその文学碑が並ぶ。

福山バラ公園

福山バラ公園

バラの街、福山を象徴するバラ公園。園内には多種多様なバラが咲き誇り、毎年5月中旬にはここを中心にバラ祭りが市内で開催される。

広島県立歴史博物館

広島県立歴史博物館

福山城公園内にあり、中世の集落跡、草戸千軒町軌跡の出土品などを展示。室町時代の街並もリアルに再現。

ふくやま文学館

ふくやま文学館■

『山椒魚』や『黒い雨』などの作品で知られる井伏鱒二や福原麟太郎など福山市や近隣市町村にゆかりの文学者の業績を紹介。

ふくやま美術館

ふくやま美術館

イタリアの絵画、彫刻を中心とした20世紀ヨーロッパの美術、日本の近・現代を代表する画家の作品を収蔵。福山城公園の一角にある。