大会結果

JFEスチール競走部

2017年度大会結果

キマニが5000mと1500mの2冠!!

■ 第55回広島県実業団陸上競技選手権大会・第50回広島県学生陸上競技選手権大会合同競技会結果

期  日 6月3日(土) 場  所 上野総合公園陸上競技場(庄原市)

成  績

■5000m
優 勝 パトリック・キマニ 14分12秒50  
第7位 久保岡  諭司 14分36秒17  
  大谷   康太 15分01秒01  
  室田   祐司 15分06秒51  
・第2位 米澤 類 (中国電力) 14分25秒62
・第3位 橋本 澪 (マツダ) 14分29秒17
 
■1500m◎=自己新記録
優 勝 パトリック・キマニ 3分56秒44 ◎(2秒25短縮)
・第2位 大竹 康平 (広島経済大学) 4分01秒12
・第3位 秋山 雄飛 (中国電力) 4分01秒62
 
7位にはいった久保岡 1500mと5000m2冠のキマニ
↑7位にはいった久保岡 ↑1500mと5000m2冠のキマニ
 
☆レースメモ☆

広島県内の実業団と学生が集まる本大会に、当部からは4選手が出場しました。5000mは全4組のタイムレースで行われ、最終4組にはキマニと久保岡が出場。スタート後、中国電力のルーキー秋山選手が飛び出してレースを進め、1000mを2分45秒で通過。先頭集団はキマニ、米澤選手(中国電力)、秋山選手、橋本選手(マツダ)の4名の争いとなりました。キマニが先頭に出て、2000mを5分36秒、3000mを8分24秒で通過すると、独走状態に。終盤はペースが落ち込みましたが、2位以下を10秒以上引き離し、14分12秒のトップでゴール。久保岡は第2集団に位置し、集団のペースが落ち込むなか、一時はスパートをかけますが逃げ切れず、第7位でフィニッシュ。3組目には大谷(康)、室田が出場。室田は今季初のトラックレースとなりました。2選手とも、積極的に先頭でレースを進めますが、暑さに苦しみ、大谷(康)は組の5着、室田は組の7着となりました。 5000mのレース後に行われた1500mは3組のタイムレースで行われ、最終3組目にキマニが出場。400mを61秒、800mを2分04秒で通過しました。レースの疲れで、後半のペースが上がりませんでしたが、昨年この大会でマークした自己記録を2秒更新する3分56秒でゴール。見事、5000mとの2冠となりました。

岡本が5000mで優勝!!(岡山県選)

■ 第63回岡山県陸上競技選手権大会結果

期  日 6月23日(金)・24日(土) 場  所 岡山県陸上競技場(岡山市)

成  績

■5000m(6/23)
優 勝 岡本  雄大 14分21秒27
第4位 大谷  康太 14分33秒62
第5位 大谷  健太 14分37秒07
第7位 村上  優輝 14分48秒15
 
■10000m(6/24)
第2位 岡本  雄大 30分06秒89
第3位 大谷  健太 30分26秒17
第5位 大谷  康太 30分40秒49
*優 勝 チャールズ・ニジオカ(倉敷高校) 28分49秒96(大会新)
10000mで表彰台独占!!(広島県選)

■ 第71回広島県陸上競技選手権大会結果

期  日 6月24日(土)・25日(日) 場  所 コカ・コーラウエスト広島スタジアム(広島市)

成  績

■5000m(6/24)
第6位 土久岡 陽祐 14分40秒17
*優 勝 秋山 雄飛(中国電力) 14分28秒67
 
■10000m(6/25)
優 勝 パトリック・キマニ 30分34秒31
第2位 久保岡 諭司 30分34秒79
第3位 松村  元輝 30分44秒25
第4位 堤   悠生 31分28秒34
第5位 室田  祐司 31分45秒12
 
【写真】(左から)堤、久保岡、松村(元)、室田、キマニ
↑【写真】(左から)堤、久保岡、松村(元)、室田、キマニ
 
☆レースメモ☆

71回目を迎えた広島県選手権に当部からは2日間にわたり、6選手が出場しました。初日に行われた5000mは雨が強く降る中、3組のタイムレースで行われ、土久岡は最終3組目となりました。土久岡は集団がスローペースでスタートする中、先頭に飛び出し積極的にレースを作りました。しかし2000m手前で後続に吸収され、持ち味の粘りを活かすことができず、6位でゴールしました。 翌朝の10000mは気温が27℃、湿度が70%でしたが、前日の雨の影響もあり、数字以上に暑さを感じるコンディションとなりました。スタートして堤が先頭に立ち、レースは1000mを3分02秒~05秒ほどで進みました。キマニが先頭に替わり、3000mで堤が、4000mで室田が集団から離されました。先頭集団は久保岡、松村(元)、キマニの3名となり、7000mで松村(元)が遅れ、久保岡とキマニの一騎打に。ラスト100mまでお互いに譲らず、激しいスパート合戦の末、キマニが0.48秒差で制し、優勝のゴールテープを切りました。

 

皆様の温かいご声援誠にありがとうございました!!