大会結果

JFEスチール競走部

2017年度大会結果

ディランゴが競り合いを制し、全体トップを獲得!(岡山県記録会)
ルーキーの松村 陣之助がデビュー(中長距離・熊本大会)

■ 第26回金栗記念選抜陸上・中長距離熊本大会結果

期  日 4月1日(土) 場  所 熊本県民総合運動公園陸上競技場(熊本市)

成  績

■5000m
第15位 チャールズ・ディランゴ 13分33秒85
第50位 岡本  雄大 14分06秒49
第65位 松村  陣之助 14分12秒56
優 勝 ロナルド・ケモイ (小森コーポレーション) 13分24秒42
 
☆レースメモ☆

2017年度のトラックシーズンが開幕し、当部からはディランゴ、岡本、ルーキーの松村(陣)の3名が出場しました。松村(陣)は、今大会がデビュー戦となり、故障の影響でシーズン入りが遅れたものの、まずまずの記録でした。岡本、ディランゴはシーズン初戦としては、健闘した走りをみせ、次レース以降での活躍が期待されます。

■ 第1回中国実業団記録会結果

期  日 4月15日(土) 場  所 呉市総合スポーツセンター陸上競技場(呉市)

成  績

■5000m
第9位 土久岡  陽祐 14分33秒84
  堤    悠生 14分41秒79
  大谷   康太 14分42秒35
  大谷   健太 14分45秒37
第1位 圓井 彰彦 (マツダ) 14分09秒86

■ 第1回岡山県陸上競技記録会結果

期  日 4月16日(日) 場  所 岡山県陸上競技場(岡山市)

成  績

■3000m
第1位 チャールズ・ディランゴ 7分59秒30
第3位 パトリック・キマニ 8分14秒99
第2位 デービット・グレ (世羅高校) 7分59秒60
 
スパートするディランゴ
↑スパートするディランゴ
 
☆レースメモ☆

全7組で行われた岡山県陸上競技記録会に当部からはディランゴとキマニの2名が出場。当日は日差しが強く、20℃を上回るコンディションでした。レースは序盤からディランゴ、キマニ、グレ選手(世羅高校)の3人の争いとなりました。ディランゴは先頭を譲らず、1000mを2分43秒、2000mを5分23秒で通過。トップ集団はラスト1周のスプリント勝負までもつれましたが、ディランゴがラスト100mでグレ選手をかわし、見事8分切りでトップを獲得。キマニは激しいペースアップに対応できませんでしたが、粘り強さを見せ、第3位でフィニッシュしました。

■ 第19回長野マラソン結果

期  日 4月16日(日) 場  所 長野運動公園発~長野オリンピックスタジアム着(長野市)

成  績

■マラソン
第26位 室田  祐司 2時間30分08秒
優 勝 伊藤 太賀 (スズキ浜松AC) 2時間14分39秒
第2位 セルオド・バトオチル (NTN) 2時間15分12秒
第3位 押川 裕貴 (トヨタ自動車九州) 2時間15分27秒

■ 第256回日本体育大学長距離競技会結果

期  日 4月22日(土)・23日(日) 場  所 日本体育大学健志台陸上競技場(横浜市)

成  績

■10000m(4/22) ■5000m(4/23)
9組19着 大谷  健太 29分33秒67 27組5着 岡本  雄大 13分56秒55
9組33着 堤   悠生 29分58秒98
9組1着 棟方 雄己 (カネボウ) 29分09秒55 27組1着 西山 和弥 (東洋大) 13分51秒58
岡本が3大会連続13分台をマーク!
キマニが自己ベスト更新!(織田記念)

■ 第51回織田幹雄記念国際陸上競技大会結果

期  日 4月29日(土・祝) 場  所 エディオンスタジアム広島(広島市)

成  績

■グランプリ5000m
第4位 チャールズ・ディランゴ 13分34秒80  
優勝  ポール・タヌイ (九電工) 13分30秒79
 
■ノングランプリ5000m
第5位 岡本  雄大 13分58秒59  
第6位 パトリック・キマニ 14分01秒97 ◎(5秒41短縮)
第15位 松村 陣之助 14分12秒12  
第16位 大谷  健太 14分12秒47  
第25位 土久岡 陽祐 14分20秒86  
第27位 久保岡 諭司 14分22秒35  
第30位 堤    悠生 14分23秒66  
第33位 松村  元輝 14分28秒77  
優勝  デービット・グレ (世羅高校) 13分48秒43
 
グランプリ4位のディランゴ 3大会連続13分台の岡本(右から2番目)と自己ベストを更新したキマニ(右から4番目)
↑グランプリ4位のディランゴ ↑3大会連続13分台の岡本(右から2番目)と
自己ベストを更新したキマニ(右から4番目)
 
☆レースメモ☆

織田記念陸上のグランプリレースにディランゴが出場。レースは昨年リオ五輪10000m銀メダリストのポール・タヌイ選手(九電工)を筆頭に進みました。ラスト1周となり、ディランゴが仕掛けましたが先頭集団は崩れず、ラスト200mでかわされたものの、昨年に続き第4位でゴールしました。
2組によって行われたノングランプリレースに当部からは、8選手が出場しました。岡本は積極的にレースを進め第5位に、キマニは終盤苦しみましたが自己記録を更新する力走をみせ、第6位に入りました。

 

皆様の温かいご声援誠にありがとうございました!!