会社概要 ニュースリリース 製品情報 採用について 環境への取り組み 研究・技術開発
JFEスチール株式会社
HOME
所在地図 サイトマップ お問い合わせ
西日本製鉄所
セクショントップ
西日本製鉄所
JFE西日本硬式野球部
JFEスチール競走部
 
メンバー紹介
トピックス
スケジュール
大会結果
 
製鉄所サイト
東日本製鉄所
西日本製鉄所
知多製造所
 
リサイクル事業
リサイクル


JFEスチール競走部

大会結果
2016年度大会結果

チーム新記録となるも、第4位と悔しい結果に
41年連続42回目のニューイヤー駅伝出場権獲得

■ 第55回中国実業団対抗駅伝競走大会結果

期日 11月13日(日) 場 所 せら文化センター発着
2往復 7区間・80.8Km(広島県世羅町)

成績

 
第4位 JFEスチール チーム 記録:4時間07分42秒
  (1区 岡本、2区 ディランゴ、3区 久保岡、4区 小原
5区 松村、6区 室田、7区 堤)

*第1位 マツダ (4時間02分28秒)
*第2位 中国電力 (4時間02分58秒)
*第3位 中電工 (4時間07分03秒)
(上位4チームがニューイヤー駅伝出場)

↑最長区間の6区(19.0Km)を走る室田 ↑5区 声援を受け、前に追いつく松村
↑最長区間の6区(19.0Km)を走る室田 ↑5区 声援を受け、前に追いつく松村
☆レースメモ☆

元旦に開催されるニューイヤー駅伝(全日本実業団駅伝)の予選会でもある中国実業団駅伝に、中国地区の実業団10チームが出場しました。 当日はスタート時の気温が17℃と、この時期にしては暑さを感じる天候となりましたが、風も少ないコンディションとなりました。1区(12.5Km)は昨年同様、岡本を起用。スタートから中電工の相葉選手が集団を牽引し、1Kmを2分57秒、2Km5分49秒、3Km8分47秒と速いレース展開となりました。5Km付近の上り坂をむかえると、清谷選手(中国電力)が一気にペースアップ。マツダの富永選手が離れ、先頭集団は岡本を含む3チームにしぼられました。そして、残り2Kmから相葉選手がスパートをかけると集団が崩れ岡本は3番手に後退しました。相葉選手が独走態勢になると、2位を走る清谷選手を追って岡本がスパート。清谷選手にはわずか7秒届きませんでしたが、昨年のタイムを1分近く更新し、3位で2区へ中継しました。2区(7.2Km)ではディランゴがスタート直後に、中国電力初の外国人選手となるカマイシ選手に追いつきました。ハイペースでレースが進むと、先頭を走る西岡選手(中電工)を抜き、激しいトップ争いとなりました。しかし、終盤の残り1.2kmをむかえ、ディランゴがカマイシ選手に遅れを取ると、区間新の快走をしたニャコラ選手(マツダ)にもかわされてしまいました。3区へたすきをつなぎましたが、先頭を走る中国電力、2位マツダからは離れました。 3区(11.6km)は、マツダ 圓井選手、中国電力 岡本選手、中電工 松尾選手と各チームエース級が揃う中、秋から上り調子の久保岡を起用。久保岡は序盤、自分の走りをしていましたが、5Km手前で4位中電工の松尾選手に追いつかれました。そこから粘りを見せますが、ラストで離され15秒差の4位で中継。また、この区間、マツダが中国電力をかわし、首位が入れ替わりました。4区(9.0Km)の小原は向かい風の中、下り坂を利用し5Kmを14分31秒で通過。そこからフラットなコースになると、中電工の二岡選手との差を7秒に縮めました。5区(9.0Km)の松村は3Km付近で中電工の大ア選手に追いつくも、序盤のハイペースと上り坂に粘り切れず、その差が17秒に広がりました。 最長区間の6区(19.0km)では、北海道マラソン入賞の室田を起用。最初の5Kmを14分20秒で走ると、上昇する気温と小刻みなアップダウンに苦しみ、終盤大幅にペースを落とし中継しました。7区(12.5Km)ルーキー堤は、前を行く3位中電工と1分41秒の差を39秒差まで縮めましたが第4位でのゴールとなりました。今大会1、4、5、7区の4区間と総合記録でチーム新記録をマークしました。また、この結果、当部は元旦のニューイヤー駅伝に、41年連続42回目の出場が決まりました。 優勝はエース圓井選手でトップに立ったマツダが、4区以降も隙のない堅実なレース運びで二連覇を達成しました。 当日は、多くの皆様が早朝より沿道にお越し頂き、またテレビの前でもご声援頂きまして、誠にありがとうございました。引き続き、ご支援・ご声援をよろしくお願い致します。

新人キマニが全体トップ、岡本が第3位に!(4回中実記録会)

■ 第4回中国実業団長距離記録会結果

期日 11月19日(土) 場 所 呉総合スポーツセンター陸上競技場(呉市)

成績

■10000m
第1位 パトリック・キマニ 29分11秒76
第3位 岡本  雄大 29分31秒42
第8位 堤    悠生 29分54秒43
  小原  延之 29分58秒57
  森脇  佑紀 30分08秒80
  大谷  健太 30分09秒49
  大谷  康太 30分12秒89
  松村  元輝 途中棄権

第2位 上門 大祐 (大塚製薬) 29分24秒77

↑全体でトップを獲得したキマニ(写真右4人目)
↑全体でトップを獲得したキマニ(写真右4人目)
☆レースメモ☆

3組のタイムレースで行われた第4回中国実業団長距離記録会。ディランゴがペースメーカーを務める最終組には大谷(健)、岡本、小原、堤、キマニが出場しました。スタートから1周69秒前後と28分台が狙える設定通りのペースで進みました。5000m過ぎには先頭集団が岡本、キマニ、大塚製薬の上門選手の3人になりました。6000mでディランゴがペースメイクを終えると、キマニがロングスパートをかけ、独走態勢に。そのまま逃げ切り、見事1位でフィニッシュ。岡本は上門選手から遅れるものの、粘りの走りで3位に。堤は徐々に順位を上げて8位でゴールしました。 2組目には森脇、大谷(康)が出場。5000mを15分08秒とスローペースで通過。6000m過ぎから森脇が先頭に立ち、ペースを上げると、三岡選手(大塚製薬)との一騎打ちに。森脇は、ラストスパートでやや遅れたものの組の2着になりました。大谷(康)も森脇の背中を懸命に追い、組の3着に入りました。

■ 平成28年度岡山県長距離記録会結果

期日 11月26日(土) 場 所 岡山県陸上競技場(岡山県)

成績

■5000m
第2位 パトリック・キマニ 14分21秒11

第1位 チャールズ・ニジオカ (倉敷高) 14分00秒82
第3位 池田 勘汰 (玉野光南高) 14分26秒65

 

■ 第41回熊本甲佐10マイルロードレース大会結果

期日 11月27日(日) 場 所 甲佐町役場前発着〜芝原折返し(熊本県)

成績

■10マイル一般競技者の部 ◎=自己新記録
第64位 室田  祐司 48分24秒◎(1分00秒短縮)

一般競技者の部優勝 神野 大地(コニカミノルタ) 46分38秒
国際競技者の部優勝 カミレ・ズク(トヨタ自動車九州) 46分19秒


☆レースメモ☆

熊本県甲佐町で開催された10マイル(16.093Km)のロードレースに室田が出場。5Km14分30秒、10Km29分30秒と積極的にレースを進めました。後半はペースが落ち、粘り切れなかったものの自己ベストを更新しました。国際競技者の部は、ズク選手(トヨタ自動車九州)が大会3連覇を達成。一般競技者の部は、ルーキーの神野選手(コニカミノルタ)が優勝しました。


皆様の温かいご声援誠にありがとうございました!!

このページのトップへ このサイトのご利用にあたって