会社概要 ニュースリリース 製品情報 採用について 環境への取り組み 研究・技術開発
JFEスチール株式会社
HOME
所在地図 サイトマップ お問い合わせ
西日本製鉄所
セクショントップ
西日本製鉄所
JFE西日本硬式野球部
JFEスチール競走部
 
メンバー紹介
トピックス
スケジュール
大会結果
 
製鉄所サイト
東日本製鉄所
西日本製鉄所
知多製造所
 
リサイクル事業
リサイクル


JFEスチール競走部

大会結果
2016年度大会結果

ホクレンディスタンスチャレンジに2選手が出場

■ ホクレンディスタンスチャレンジ2016大会結果
 第1戦 士別大会

期日 7月3日(日) 場 所 士別市陸上競技場(北海道)

成績

■5000mA ■5000mB
第8位 岡本  雄大 14分11秒22 第5位 パトリック・キマニ 14分31秒48
・第1位 橋 優太(DeNA) 13分44秒69 ・第1位 関戸 雅輝(NTT西日本) 14分22秒44
・第2位 藤本 拓(トヨタ自動車) 13分48秒25 ・第2位 大谷 卓也(プレス工業) 14分23秒50
・第3位 山本 浩之(コニカミノルタ) 13分52秒68 ・第3位 大隅 裕介(JR東日本) 14分26秒68


☆レースメモ☆

ホクレンディスタンスチャレンジの第1戦となる士別大会は、肌寒く小雨が降る中、行われました。当部からは、岡本とキマニが出場しました。 岡本は先頭を走るディラング選手(愛知製鋼)とルンガル選手(中央発條)に積極的について行き、3000mを8分17秒で通過。その後、徐々に先頭集団から遅れて行きましたが、持ち前のラストスパートをいかし、第8位になりました。 また、キマニはB組で出場しました。2000mを5分40秒で通過し、2400mからはキマニが先頭に立ちました。終盤になり先頭集団がキマニを含む5名に絞られました。ラスト1周にさしかかり、関戸選手(NTT西日本)が先頭に立ちスパートをすると集団は崩れ、キマニは懸命に追いかけましたが、第5位でゴールしました。

■ 第2戦 深川大会

期日 7月7日(木) 場 所 深川市陸上競技場(北海道)

成績

■10000mA ■5000mB
第15位 岡本  雄大 30分20秒00 第21位 パトリック・キマニ 14分30秒03
・第1位 カレミ・ズク(トヨタ自動車九州) 28分22秒63 ・第1位 佐藤 佑輔(富士通) 13分49秒52
・第2位 サイラス・キンゴリ(SGHグループ) 28分22秒92 ・第2位 阪口 竜平(東海大学)  13分51秒69
・第3位 早川 翼(トヨタ自動車) 28分37秒61 ・第3位 代田 修平(カネボウ) 14分02秒89


☆レースメモ☆

第2戦の深川大会は、北海道とはいえ日中の気温が30℃近くまで上がる暑い中、行われました。 岡本は1000mを2分49秒、2000mを5分39秒とハイペースで通過する先頭集団につけていました。3000m手前で苦しくなるも、5000mを14分28秒で通過。しかし、後半激しく落ち込み30分20秒でのゴールとなりました。 キマニはスタート後、好位置をキープし、2000mを5分33秒、3000mを8分24秒で通過しました。しかし、徐々にペースが落ち粘り切れず14分30秒でフィニッシュしました。

皆様の温かいご声援誠にありがとうございました!!

このページのトップへ このサイトのご利用にあたって