技術系
設備技術

製鉄所全体の
「心臓」を担う

澤村 亮輔
2012年入社
工学研究科航空宇宙工学専攻修了
RYOSUKE SAWAMURA

Profile

澤村が所属する「エネルギー部」は、鉄鋼製品をつくるための部署ではない。製鉄所が24時間365日休むことなく健全に動き続けるため、電力・ガス・工業用水などさまざまなエネルギーを供給する役割を担っている。そしてその一方で、エネルギー面でのコスト削減も重要なミッションだ。「製鉄所が動き続けることは当たり前のこと。なかなか褒められることはない」と澤村は語る。それでも、その表情は自信に満ちている。それは、「製鉄所が健全に動き続ける」という重責を担うことに誇りを感じているからだ。そのために澤村はエンジニアとして自らの領域を広げ続けてきた。社内外の多くの人との協働。さらには近年では、自らの生産した製品やユーティリティの担当窓口として社内外との需給契約業務も担っている。縁の下の力持ちながら、自らの仕事がお客様に届く製品に影響することを澤村は理解している。製鉄所をエネルギー戦略から見つめるエンジニアの強さが、JFEスチールの強みにつながっている。

私の仕事

My role
一時も休むことなく、
製鉄所を動かすために尽力

私が所属するエネルギー部は、24時間365日一時も休むことなく製鉄所を稼働させ続けるための、エネルギー供給を担う部署です。いわば製鉄所全体の「心臓」を担っているのです。しかし、人間が健康なときに、「健康のありがたさ」を感じにくいように、製鉄所も本来はどこも止まらずに動き続けるのが当たり前。だから私たちの部署は、なかなか褒められることがありません(笑)。しかし、製鉄所を動かす電力やガス供給に不具合がない状態を維持するのは、簡単なことではありません。私が所属する東日本製鉄所の千葉地区は、敷地面積が766万平方メートルあり、エネルギー供給用の設備や配管は敷地中に張り巡らされています。そのため、どこかでトラブルが発生して工場が止まりそうになるというリスクは、決して少なくありません。トラブルをいかに未然に防ぐか。またトラブルとして顕在化する前にどう処置するか。ここにこそ、エネルギーに携わるエンジニアとしての矜持があります。万が一ラインが止まることになれば、お客様にご迷惑をおかけすることになりかねません。製鉄所が健康な体で止まることなく動き続ける。そのためにエンジニアとして最大限知恵を出し、動き続ける。これが私たちの仕事です。

醍醐味、やりがい

Real thrill
多くの人との協働をもとに
製鉄所の操業を下支えする

私たちの仕事の醍醐味の一つは、設備の操業管理と建設の両面を担うことができるという点にあります。製鉄所内の多くの部署では、操業管理、設備建設発案、建設で担当が分かれているケースが多いのですが、私たちは操業計画をもとにエネルギー需給上の問題点や合理化案を自ら発案し、機器仕様の決定を行い、実際の設備建設も担当するという一連の流れを一貫して担当しています。設備の試運転前の緊張は想像を絶するものがありますが、それだけに無事に完了したときの喜びはひとしおです。私は入社4年目のときに、先輩がつくりあげた仕様をもとに、容積12.5万立方メートル、高さ65メートルの巨大なガスホルダーの設置工事、試運転を担当しました。エネルギー部の業務は、影響範囲が製鉄所全体におよぶため、自部署ばかりではなく社内外のさまざまな人と協働する必要があります。多くの関係者に指示を出し監督する。このときは、いろいろな人とコミュニケーションを図りながら大きな仕事を成し遂げるという挑戦ができたと感じました。また、私たちは他のインフラ会社や産業ガス会社との関わりも大きく、近年では担当者として数量や品質保証、さらには問題が起こった際の一次対応などの「客先窓口」も任されるようになりました。製鉄所のエネルギー戦略を担うエンジニアとして、技術ばかりではなくさまざまなフィールドにチャレンジできることが、私たちの仕事のやりがいとなっています。

JFEスチールに決めたワケ

Reason
大規模な製造設備に感動
その「直感」を信じた就職活動

学生時代は流体力学を専攻していたので、漠然とプラントエンジニアリングの世界に進むのかなという感覚はありました。とはいえ就職活動当時は、特に明確な志望業種もなく漫然と過ごしていたのですが、授業の一環で見学した製鉄所の規模の大きさや迫力に感動し、鉄鋼メーカーへと気持ちが固まりました。また、鉄鋼メーカーなら学生時代に学んだ知識が、広大なプラントを駆動するガスの運用・設備改造に活かせると思いました。さまざまな鉄鋼メーカーのなかでJFEスチールを選んだのは、人の魅力から。当時の私にとって、もっとも親しみやすい雰囲気が感じられたのが、JFEスチールだったのです。

JFEスチールのここが好き!

Like
年次ごとに広がるフィールドと
果敢に挑戦できる風土

年次を重ねるごとに仕事の領域が広がり、それに伴い人との関わりが広がっていくことが楽しいと感じています。他部署や他社との会議の場で自分の裁量が大きく反映でき、多くの人との新しい関わりが生まれ、そのなかで担当者として仕事を進めることに成長を実感できます。工場を持つあらゆる業種の課題である「設備の健全性の維持」は、私たちにとっても大きな課題です。製鉄所を健全に稼働させ続けるために、老朽化による不具合を見つけ、逐次更新をし続けなければいけません。スポットライトが当たる部署ではありませんが、いつかは「澤村がいるから、順調に製鉄所がまわっている」と言ってもらえるようにしたい。そのためにさまざまな挑戦をさせてもらえる文化が、この会社にはあると思いますし、私にとって「好きな点」です。

オフはどうしてる?

Private
社内の良好なコミュニケーション
オンもオフも同僚と

私の職場は社員間のコミュニケーションが活発で、仕事が終わったら徒歩圏内にある近隣の商業施設で同僚と夕食をとったり、月に一度は職場での懇親会に参加したりします。また最近はダイエットのために週に数回、同僚とともにジムに通っています。休日は趣味のドライブ。最近、車をオープンのスポーツカーに替えたので、天気のいい日は、フルオープンにして海岸線沿いをドライブしています。独身のうちに趣味をしっかり楽しんでおこうと思っています(笑)。

就活中の学生へ

Message
就職活動で得る「直感」と
自分なりの「価値観」を大切に

就職活動では、「直感」も大切です。しかし、それだけではなく自分自身にとって「譲れないもの」は何かを明確にしておく必要もあると感じます。仕事内容でも、待遇でも何でもいいので、自分が大切にしたい価値観を正しく持っていないと「直感」だけに流された決定をしてしまい、結果として入社後に違和感を覚えるようになる…。そんな残念なことはありません。ですから就職活動時の「感動」を大切にする一方で、自分なりの「譲れないもの」も意識してもらいたいと思います。ちなみに私にとっての譲れないものは「工場と関われること」学生時代から「工場萌え」だったので(笑)、プラントに関わる今の仕事に、とても満足しています。

キャリアステップ

Career

※ 所属や名称などの情報は取材時のものです