技術系
設備技術

現場の課題を
受け止め、センサーの
開発により解決する

田中 雄翔
2014年入社
システム情報学研究科 情報科学専攻修了
YUTO TANAKA

Profile

学生時代は情報科学を専攻していた田中。就活当初は鉄鋼業界には全く興味がなかったという。彼に新たな世界を開いたのは、大学のOBに誘われたJFEスチールの工場見学だった。設備の巨大さとともに真っ赤な鉄の塊が高速でラインを通過する迫力に圧倒されたという。またこれらの一連のプロセスが「コンマ数ミリ」の精度で制御されていることに驚き、強い興味を持ったことが入社の決め手となった。入社後は、センサー開発グループに属し、多くの人と協働することで、数多くのセンサー装置開発に携わってきた。センサー技術、制御技術という先端技術を用いて、いずれ鉄鋼業の常識を覆す技術を生み出すことが夢だと語る。もしかしたら大言壮語のように聞こえるかもしれない。だが、それは決して夢物語ではないのだ。

私の仕事

My role
各種センサー装置開発を通じて、
より良い製品の製造に活かす

私が所属するのはセンサー開発グループ。ここでは倉敷地区で製造される製品の品質チェックを担うオリジナルの計測装置や、お客様へ誤った製品を出荷してしまうことを防ぐための識別装置の開発など、工場内のさまざまなセンサーの開発に携わっています。センサー技術は、進化のスピードが早いことが特徴ですが、私たちは最先端技術のみを追求しているわけではありません。あくまでも現場の課題を正しく受け止め、新しいセンサー装置を開発することでそれを解決することこそが私たちのミッションです。入社後、さまざまなセンサー装置開発に携わりましたが、今後は鉄の世界では「測れない」ことが常識となっている現象を測定できるロジックや装置の開発を通じて、製鉄所としてより良い製品を製造することに貢献したいと考えています。

醍醐味、やりがい

Real thrill
数か月、数年に及ぶ開発期間
それだけに納入時の喜びは大きい

新しいセンサー装置の開発には、設計から導入に至るまで、数か月から数年かかるものもあります。しかしそれだけに、工場に据え付けられ、予想通りの結果を出すことができたときは、何よりも大きな手応えにつながります。設計・製作期間は、技術的に実現が難しい課題をいかにクリアするか、求められている要求仕様を満たすにはどうすればいいのかについて考え抜きます。ときには悩み苦しみ、疲れ果てる日々が続くこともあります。だからこそ装置が据え付けられて予定通りの機能を実現できたときは、言葉にならないほどの喜びがあるのです。多くの場合、据え付けから立ち上げは一発勝負です。待ったなしの緊張感と、うまく動いたときの安堵感は格別です。センサー装置は、私が開発に携わった内部欠陥を非破壊で見つける探傷装置など、お客様へ納入する製品の品質を保証するものです。それだけに強い使命感や責任感が求められます。業界内外で「JFEスチールのセンサー技術はすごい」と言われることが、私たちの目標の一つ。それをめざして、職場が一丸となって日々の業務に取り組んでいます。

JFEスチールに決めたワケ

Reason
大きな設備を緻密な精度で制御
その憧れが入社につながった

情報系の専攻なので、就活当初、鉄鋼業界はまったく視野に入っていませんでした。しかし大学OBに誘われてJFEスチールの工場見学をした際、工場の巨大な設備に圧倒されるとともに、真っ赤になった鉄の塊を薄く延ばす工程の迫力に魅了されました。しかもそれがコンマ数ミリの精度で制御されていることに驚きました。「自分もこんな大きな設備を、緻密な精度で制御してみたい」と素直にワクワクしたことが、何よりの決め手となり入社を決意しました。福山や倉敷にあまり馴染みはありませんでしたが、街を歩いた際、住みやすい街だと感じたことも私の背中を後押ししました。

JFEスチールのここが好き!

Like
各分野のプロから得る身近な刺激と
レベルアップの思いに応える風土

JFEスチールでは、材料、機械、電気、制御、化学等、多岐にわたる分野のプロフェッショナルがいます。こうした人から得られる刺激が、自身のレベルアップにつながっていると実感しています。この環境は技術者にとって大きな魅力だと思います。また先端技術に関する情報は、計測技術の展示会やセミナーに積極的に参加することで貪欲に吸収しています。こうしたイベントへの参加は推奨されており、私も入社後、幾度となく参加してきました。技術者のレベルアップへの想いに応える風土が確実にあると日々実感しています。

オフはどうしてる?

Private
仲間と集い、意識的にオン・オフを

プライベートでは、オンとオフの切り替えを意識的に行っています。休日は先輩や同期と飲み会を開いたり、旅行に行ったりしています。また平日、仕事が早く終わった後は、やはり仕事仲間と集まり食事を楽しんでいます。プライベートなことも語り合える仕事仲間に恵まれ、一旦職場を出たら、仕事以外の話題でいつも盛り上がっています。

就活中の学生へ

Message
高い目標に挑み続けることが
できる最高の職場環境

製鉄の各プロセスでは、さまざまな場面でセンサー技術が活用されています。私は新しいテクノロジーを使ったセンサー開発を通じて、古くから日本の経済発展に貢献してきた「鉄鋼業」の在り方や常識を一変させたいと思っています。簡単なことではありませんが、高い目標に挑み続けることができる最高の職場環境がJFEスチールにはあると感じています。
また、製鉄所のダイナミックさも魅力のひとつです。まずはぜひ工場見学をしてみてください。自分の五感で製鉄所の迫力、スケール感を体感することをお勧めします。

キャリアステップ

Career

※ 所属や名称などの情報は取材時のものです