技術系
設備技術

入社以来一貫して
設備建設業務に携わり、
より良い
製造設備づくりに寄与

中澤 健
2011年入社
工学部 機械工学専攻修了
MASARU NAKAZAWA

Profile

「大きな機械をつくる仕事がしたい」それが中澤にとって就活の「軸」だった。学生時代に研究していた風力発電のダイナミックさを、さらに発展させたいと考えたのだ。JFEスチール入社後に配属となった設備部開発・設計室で彼の思いや資質は大きく花開いた。製鉄設備の改造・建設に従事した中澤は、1年目から主担当として課題と向き合った。彼が携わってきた案件は、決して「簡単な」ものではなかった。自らが主体的に動くことで多くの人の知恵や力を集結し、難題に挑む。中澤は年次を重ねるごとに、確実に視野が広がり、精神的にも強くなった。現在は、熱延工場の保全支援業務や老朽化した設備の更新を担当。今後は海外でのライン建設や設備保全業務にもチャレンジしてみたいという。

私の仕事

My role
入社以来一貫して
設備建設業務に携わり、
より良い製造設備づくりに寄与

私の仕事は、形鋼・厚板工場などの設備建設業務です。これは文字どおり、新規設備の導入や、既存設備の改造など製造ラインをより良くしていくことが重要な任務となります。入社1年目の頃から主担当として大きな設備改善を任されたことは、挑戦をよしとするJFEスチールならではだと思います。もちろん配属当初は、圧延機など製造ラインの各工程や機械の仕組みなどもよくわかりませんでしたが、上司や先輩の指導とともに、私自身も過去の資料を読破し、相応の勉強を重ねました。主担当ですから、拙いながらも自らの考えを自分の力で発信していかなければ誰も動いてくれません。新人時代の試行錯誤と勉強量が、今の自分の大切な基礎になっていると感じています。

醍醐味、やりがい

Real thrill
一瞬の手応えのために、
幾重ものときを重ね続ける

入社2〜3年目で担当した形鋼工場のブレークダウンミル改造は、私にとって大きな手応えにつながりました。設備建設を進める場合、国内プラントメーカーに発注し、当社から提示したスペックをもとに、プラントメーカーが主導して動くことが多いのですが、このときは違いました。国内メーカーに発注する場合と、海外メーカーに発注する場合とで、コスト面で数倍の違いがあったのです。しかし海外メーカーに発注するということは、図面作成から進捗管理に至るまであらゆる要素を自分で徹底的にコントロールしなければなりません。コストメリットがあっても、クオリティを下げるわけにはいかないからです。それでも、海外メーカーに発注することに決めました。
依頼先の選定から図面作成、技術指導…、上司や先輩をはじめ多くの人を巻き込んで、海外調達によるブレークダウンミルの改造工事は無事終了しました。製鉄設備の改造・建設では試作は行わず、図面から直接完成品を作りあげます。しかも導入する工場は、365日、24時間稼働を続けています。現地でトラブルを起こさないようにオフラインでの試運転や机上検討は万全に行うものの、操業中の工場内での据え付け工事に充てられる時間はほんのわずか。据え付けたら即立ち上げが求められます。祈るような思いで工事が終わり、高速で鋼材が新しいラインを通過していく…。この一瞬の手応えの大きさは言葉が見つからないほどです。

JFEスチールに決めたワケ

Reason
大きなモノづくりに携わりたい
その思いからJFEスチールへ

学生時代は風力発電の研究をしていました。風力発電機の製造は重工メーカーが担っていることが多く、就活当初は重工メーカーも考えました。しかし、製鉄所を見学する機会があり、鉄を圧延するラインの巨大さ、激しさに圧倒され、「大きなモノづくりに携わりたい」という思いから鉄鋼メーカーを考えるようになりました。また、鉄鋼会社の多くが、“設備を自社開発している”ことを知ったことが心を決めるきっかけになりました。機械屋の心を熱くする製鉄所の迫力に、気持ちが鷲掴みされたことを覚えています。

JFEスチールのここが好き!

Like
多少のリスクがあっても、
チャレンジする姿勢を認めてくれる

JFEスチールの良さ。
それはいろいろなことに挑戦させてもらえる環境があることです。新人時代から設備改善の主担当を任され、2年目には海外調達によるブレークダウンミルの改造にもチャレンジできました。また4年目に担当した熱延工場の設備建設業務では、短納期での仕上ミルへのオンラインロール研削装置の導入にも挑戦。上司や先輩がサポートしてくれる環境が整っているため、若手のうちでも自分がやりたいことを実現できます。この懐の深さは、この会社らしさではないでしょうか。

オフはどうしてる?

Private
子供と過ごす時間を大切に
休日は料理でリフレッシュ

子供が2人いるので、今は、子供とともに風呂に入ることが何よりの楽しみにつながっています。早く帰ることができる日の夕方は、ついそわそわしてしまいます(笑)。また最近は休日の料理にはまっています。妻とともにピザを焼いたり、パンをつくってみたり。レシピを見ながら新しい料理をつくることは、いいリフレッシュにつながっています。

就活中の学生へ

Message
自分のなかで一番大切な
「何か」を見つける作業が就活

就活当時の私が会社を選ぶうえで譲れないと思っていたことは、「やりたい仕事ができること」でした。就活中は多くの情報を短期間に処理しなければならず、ときには迷路に迷いこんだ感覚になることもあると思いますが、自分の「軸」が明確になっていれば、自ずと道は拓けてきます。私は自分の軸にあてはまる会社の中でも、大きなモノをつくりたいという思いから最終的にJFEスチールを選びました。結果として、入社後現在に至るまで、就活時に思い描いたイメージにかなり近い仕事ができていると思います。

キャリアステップ

Career

※ 所属や名称などの情報は取材時のものです