技術系
研究開発

多様なニーズを持つ
自動車用鋼板の研究開発に
果敢に取り組む

小幡 美絵
2013年入社
数理物質科学研究科 専攻修了
YOSHIE OBATA

Profile

小幡のネームプレートには、名前の下に「未知への挑戦」と記されている。JFEスチールの研究者、技術者のネームプレートには、各自で考えた「キャッチフレーズ」が記されているのだ。自動車用鋼板の研究開発に挑む小幡にとって、与えられた研究テーマは決して簡単なものではない。全社で見ても自動車用鋼板市場を手中に入れることは、鉄鋼メーカー各社にとって大きな経営課題の一つでもあるのだ。その一翼を担う手応えと責任感から、小幡は自らの姿勢を「未知への挑戦」というフレーズに込めた。大きな手応えを得る成功体験を夢見て、壮大なテーマを前に、決して諦めない意志がこのフレーズからにじみ出ている。

私の仕事

My role
多様なニーズを持つ
自動車用鋼板の研究開発に
果敢に取り組む

入社以来、私は薄板研究部で、自動車用鋼板の研究開発を担っています。自動車用鋼板の近年の潮流は「より軽く」「より丈夫」そして「より成形性がいいもの」一般的に鋼板強度が上昇すれば(つまり硬さが増せば)、当然成形性にも影響が出ます。あまりに硬すぎれば部品成形時に割れてしまうということも起こり得ます。鋼板の成分や製造方法を工夫することで高強度と成形性を併せ持つ自動車用鋼板の研究開発に挑み続けています。配属当初は実験結果の解釈に悩むことも多く、また研究の進め方もよくわからず、とまどいも多かったのですが、年次を経て今では苦労のなかにも面白みを見い出せるようになってきました。

醍醐味、やりがい

Real thrill
加工工程のことまで考えた研究開発
「お客様の使いやすさ」が
付加価値になる

自動車用鋼板の研究開発における手応え。そこにはいくつかステップがあります。まず最初はお客様の要望を満たした薄板がラボレベルでつくることができたとき。「これで試作に進める」という感慨が最初の喜びになります。次は、工場での試作です。ここで想定通りの製品が仕上がればさらなる喜びにつながるのですが、ラボで出した製造条件がそっくりそのまま反映できるとは限りません。薄板鋼板が製造されるまでは多くの工程を通過しますが、ある工程の温度が少し変わるだけで組織や成形性が変わってしまうのです。

以前、実機試作に挑んだときは24時間稼働する現場で、試作における最適な温度で実験することができず、結果として悔しい思いを味わいました。いろいろな人の意見に耳を傾け、さらなる改良を加えて近々リベンジする予定です。私の研究テーマは、基本的に「自動車用鋼板として最適な薄板をつくりあげ、生産ラインにのせる」ということですが、現在はそればかりではなく、「鍍金をする際にどういうやり方をすればきれいに均一に仕上がるのか」また「プレス成形をよりしやすくするにはどうすればいいのか」など、さまざまな視点から自動車用鋼板を捉えようとしています。

単に素材設計だけにとらわれず、組織解析や表面特性に関する知識も踏まえて、お客様にとって本当に使い勝手のいい鋼板を生み出す。お客様にとっての実用化をしっかりと見つめた研究開発を行うことで、より付加価値の高いオンリーワンの製品づくりに貢献したいと思っています。それこそが私にとっての「未知への挑戦」です。

JFEスチールに決めたワケ

Reason
興味の幅を意識的に拡げることで、
新しい発見を得る

学生時代の専攻は化学だったので、就活当初は、総合化学メーカーをはじめとした非鉄分野での就職を希望していました。しかしせっかくの就活という機会を有効に使おうと、社会勉強の意味も含めて興味の範囲を広げてみたのです。そのなかでJFEスチールと出合いました。多くの人が言うように、私も製鉄所の規模の大きさに驚きを感じたとともに、社員の方々と話をするなかで、鉄という素材は外見上の差はなくても、製造工程を変えるだけで特性が大きく変わることを知り、想像以上に奥深い分野だと感じたことが入社の決め手になりました。

当時の私は、技術系の社員はみな学生時代の専攻を基礎として仕事をするという勝手なイメージがありましたが、さまざまな人と話をするなかで、全ての人がそうではないことも知りました。その事実に安心するとともに、鉄という素材の可能性を追いかけたいと、最終的にJFEスチールへの入社を決意しました。

JFEスチールのここが好き!

Like
戦略的製品を任される喜び
そしてプロの知見が刺激に

自動車用鋼板は、JFEスチールだけではなく同業他社にとっても戦略的製品であり、世界中にマーケットがあります。そのような製品の研究開発に携わることができることに、誇りを感じています。より研究成果を追求するために、研究部署や役職に囚われず、さまざまな知見を持った人と意見交換をしながら進められることも、JFEスチールらしい懐の深さだと思っています。
ここからは余談ですが、出張に行くと各地に同期がいるため、時間が合えば飲みに行っています。業務や勤務地は違えど、楽しくお酒が飲める同期の仲の良さが、この会社らしさだと密かに思っています(笑)。

オフはどうしてる?

Private
休日は全力で気分転換
それが平日の活力に

仕事柄、一日中デスクワークが続くこともあるので、そういう時はリフレッシュを兼ねて休日に意識的に身体を動かすようにしています。スポーツは決して得意ではないのですが、1年前からボルダリングを始めました。月曜日は、筋肉痛のまま出社することもたまにあります(笑)。それ以外ではショッピングなどでしょうか。平日はあまり出かけない分、休日は全力で気分転換しています。

就活中の学生へ

Message
就活は最良の社会見学ができる期間
興味の幅を広く持つことが大切

技術系の学生の場合、学生時代の専攻をもとに企業を選ぶことは珍しくありません。しかし、就活は学生という立場を活かして、さまざまな企業を訪問し、いろいろな人の話を聞くことができる、いわば社会勉強ができる期間でもあります。就職したら、こんな良い機会は、なかなかありません。それだけに自身の専攻にとらわれず、専門外の業種であっても自身の目で見て、肌で社風を体感することをお勧めします。私自身もそれを実践したことでJFEスチールと出会えました。興味の幅を広く持つことで、思いがけない発見があるものです。思い悩む前に、まずは行動に移してみましょう。

キャリアステップ

Career

※ 所属や名称などの情報は取材時のものです