事務系
生産管理

最適な生産計画を
立て遂行し、
何が起こっても納期を守る

七種 秀行
2010年入社
経済学部卒
HIDEYUKI SAIKUSA

Profile

モノづくりを事務系職種の立場から支えたい。それが就活時の七種の「軸」だった。
就活時、JFEスチール社員から教えられた「鉄の魅力」。どんなに時代を凌駕する画期的な製品であっても、いつかは廃れていく。しかし、どんな時代でも鉄が素材として使われることに揺らぎはない、と。入社後の七種は、福山工場工程室に配属になった。工程室が担う業務は生産管理。お客様の注文をもとに、適切な生産計画を立案し、生産現場を動かす。そして、製品がお客様に届くまでの物流もテリトリーだ。工程室での生産管理業務とは、いわば製鉄所の「司令塔」である。

私の仕事

My role
お客様の注文をもとに
最適な生産計画を立て遂行する

工程部の役割は、製鉄所における生産管理です。具体的には、本社の方針に従い、すべてのお客様の注文を「どのタイミングで」「何トンつくるのか」を計画し、生産後お客様に納入する、これら一連のプロセスを管理する仕事です。工程部は2室に分かれており、一つは造船や建材、配管に使われる製品を担う鋼材工程室。そしてもう一つは私が所属する薄板工程室。ここでは、自動車メーカー向け製品をメインとして、電化製品、飲料缶等に使われる製品を扱っています。生産面では、時として予期せぬ操業トラブルが発生します。また、販売面では、景気の影響で増産減産などの変化が生じます。私たちは、「何が起こってもお客様の納期を守る」を信念に業務をしています。突発的な生産計画変更があったとしても、この点は絶対に遵守しなければなりません。販売・生産・物流が、緊密に連携し、「オールJFEでさまざまな問題に取り組む」この積み重ねが、お客様の信頼につながっていく、と確信しています。

醍醐味、やりがい

Real thrill
静かに達成感を噛みしめる
プロフェッショナルとしての矜持

生産管理業務とは、わかりやすい達成感が得られる仕事ではありません。24時間365日稼働している生産現場では、生産面、販売面で日々さまざまな変化が発生します。その時々でタイムリーに最善の判断を下し、フレキシブルに対策を実行するのです。私は、この「嵐」が過ぎ去り、業務が平準化したとき、「あのとき、私がピンチを救ったのだ」と、密かに達成感を感じます。決して派手さはありませんが、それこそが生産管理を担う者としての矜持だと思うのです。眼前の瀬戸内海のように、生産現場が波風を立てることなく、計画通り製品を生産し、私たちがお客様へ納入する。これこそが、最も理想的で望ましい状態です。
JFEスチールで最も生産量が多く収益面でも重要な拠点である、西日本製鉄所福山地区。その生産計画の一翼を担っている、という手応えが、私の成長につながっていると感じています。

JFEスチールに決めたワケ

Reason
鉄という素材の可能性と
「ナンバー2」の位置が魅力に

メーカーを志望する方の多くは、何かしらモノづくりに携わる会社に魅力を感じている人ばかりではないでしょうか。私は就活当初、重工・重電、鉄道、飛行機など、最終製品の大きさや見た目で、その企業を判断していました。しかし、就活を進めるなかで、鉄鋼業に出会い、その裾野の広さを知り、一気に世界が広がりました。鉄という素材の可能性の大きさに気付いたのです。加えて、工場見学で見た製鉄所のスケール、転炉の迫力に圧倒され、鉄鋼業界で働きたい、と心を決めました。
鉄鋼メーカーの中で、JFEスチールを選択したのは、「国内ナンバー2」であること。チャレンジャーとしての立場は、目標に向かって努力することが好きな、私の性格に合っていました。そしていつの日か、いや、自分たちの世代でナンバーワンの座を奪取したいと感じました。

JFEスチールのここが好き!

Like
人のまなざしのあたたかさと
チャレンジフィールドの広さ

「長く時間がかかっても、一つのことにこだわりを持って、最後までやり抜きなさい」この言葉をかつての上司からもらいました。この言葉に象徴されるように、JFEスチールの社員には、人に対してのあたたかいまなざしがあると感じ続けています。少なくとも私は入社以来、人間関係で悩んだことは一度もありません。
入社時は「いつかは営業職に」という思いが強くありました。現在は、長く生産管理に携わってきただけに、この道を突き進むのも面白いかなと感じています。今、私は製鉄所で生産管理を担っていますが、本社には全社全地区の生産計画を担い、製鉄所へ方針を示す部署もあります。そこは数量面でも収益面でも今の私の業務範囲とは桁違いのスケールになります。もちろん先のことはわかりませんが、生産管理のプロフェッショナルとして道を極めることもキャリアステップの一つとして考えています。
人のあたたかさと、本人の志向に応じたキャリアデザインを考えることができる土壌があることが、JFEスチールの魅力ではないでしょうか。

オフはどうしてる?

Private
美観地区へは車を使えば1時間以内
福山での暮らしやすさを堪能中

私の出身は福岡。学生時代は旅行といえば飛行機を使って東京や沖縄に行くことが多く、中国地方にはあまり縁がありませんでした。福山から、鞆の浦や尾道、倉敷の美観地区へは車を使えば1時間以内で行くことができます。また、2〜3時間かければ、山陰・近畿・四国などに気軽に行くことも可能です。この位置的な利便性に加えて、瀬戸内海の鮮魚も魅力です。
私にとって福山は、第二の故郷と言いきれるほど、大好きな、大切な町です。

就活中の学生へ

Message
会社説明会で、
鉄鋼業界の魅力を知ってほしい

自身の就活を振り返ると、よく鉄鋼業界にたどりつくことができたなと感じます(笑)。私は、重工・重電など最終製品を扱う重厚長大なメーカーという、特定の業界に集中した就活を行っていました。この一文を目にする学生の方は、少なからず鉄鋼業界に興味を持たれていることでしょう。ぜひ、一度会社説明会などを通じて、JFEスチールの社員と接してください。話をしてください。あなたが思う以上の企業としての魅力、仕事の面白さについて熱く語ってくれるはずですから。

キャリアステップ

Career

※ 所属や名称などの情報は取材時のものです