事務系
国内営業

お客様との信頼関係を築き、
ニーズを
正しく引き出していく

岸野 達也
2011年入社
商学部卒
TATSUYA KISHINO

Profile

鉄という素材の可能性に魅力を感じJFEスチールに入社。入社後3年間は、西日本製鉄所倉敷地区外注室で、製鉄所のパートナー企業の窓口として契約業務や、より良い関係性を構築する仕事に従事。多くのパートナー企業の発展を中・長期視点から支え、社内外のあらゆる人を巻き込み「みんなで鉄をつくろう!」という思いを共有できたことが財産となっていると語る。就活時より営業職を希望していただけに、異動が決まったときは、気持ちを新たにしたという。

私の仕事

My role
火力発電プラントなどで
使われる配管の営業

国内の重電・重工、エンジニアリング会社向けに、火力発電プラント・LNGプラント、化学プラントなどに使用する配管を販売しています。また造船会社向けに、船舶建造に使用する配管も担当しています。私が扱う鋼管という商材は火力発電所などで使われるだけに、万が一事故が起これば大惨事につながってしまいます。それだけにお客様からの品質に対する要求は厳しく、さまざまな法規制も絡んできます。営業担当としては商社とともにお客様との信頼関係を築き、そのうえでニーズを正しく引き出していくことが重要なミッションです。

醍醐味、やりがい

Real thrill
営業担当としてやるべきこと
それは思いを熱く伝えること

営業に異動して1年目の頃、あるお客様で毎回納期面を理由に競合他社に負けるということがありました。納期が他社よりも長くかかるのは何故か…。他社に対抗するためには、納期を短くする特別対応が必要でした。営業経験の浅かった私にとって、忙しい工場に特別対応をお願いするのは、勇気が要ることでした。しかし、意を決して工場に相談してみたのです。案の定、返ってきた言葉は「時間がかかるのは当然のことだろう。そんなことも知らないのか?」とはいえ、私も引き下がるわけにはいきません。「このままではお客様は、JFEスチールを選んでくれないんです!」この言葉とともに、この案件を足掛かりとした営業展開について、中・長期的な考えも熱く伝えました。結果として製造現場から塗装業者、さらには輸送に至るまであらゆる方々の協力を得てスピードを改善し、営業担当としては胸を張ってお客様と向き合うことができるようになり、受注につながったのです。たとえ「無理」と思えることでも、腹に力を入れて立ち向かってみる。踏ん張ってみる。思いを熱く伝えてみる。この案件を通じて営業担当としてようやくスタートラインに立てた思いがしました。

JFEスチールに決めたワケ

Reason
世界のグローバル・リーダーになる
就活時に抱いた熱い思い

就活時、JFEスチールの社員から「世の中に大きな影響をもたらす業種は三つある。それは『金融』『商社』そして『鉄鋼』だ」と言われた一言が心に残りました。実際、鉄鋼メーカーは、モノづくりに携わるあらゆる企業と取引があります。鉄という素材の可能性に挑戦することで、いつかは自分も技術力の高い製品を世界に売り込みたい。面接時にはそんな夢を描きました。また業界2位という、ナンバーワンを追いかける現状にも挑戦意欲が湧いたことを覚えています。全ての力を結集して、いつの日かこの会社をグローバル・リーダーにしたい。面接時にはいつも熱い思いを抱いていました。

JFEスチールのここが好き!

Like
さまざまな役割を持つ人が
鉄鋼ビジネスに関わっている

一言でまとめるなら、さまざまな業界と接することから、多くの刺激を受けることができる点でしょうか。年次を重ねるごとに確実に視野は拡がってきていると実感しています。また、最初の配属となった倉敷の外注室では、製鉄所に関係する多くのパートナー企業と密に接することができ、鉄をつくるという「コア」な部分以外でも、きわめてたくさんの人が関わることで鉄鋼ビジネスが成り立っていることを理解できました。今、営業担当として多くの人に支えられていることを実感できていることは、自分にとって大切な礎になっています。

オフはどうしてる?

Private
仲間とのコミュニケーションを大切に
休日は主にスポーツで汗を流す

平日は、学生時代の友人や上司・他部署の先輩と食事に行くことも。また休日は、スポーツで汗を流すことが多いです。幼稚園から続けてきたサッカーや、サイクリング。また本社に来てからはフットサルも楽しんでいます。オフィスビルの目の前にフットサルのコートがあるので、有志が集まって商社チームとの対戦も行っています。

就活中の学生へ

Message
日々の営業活動のなかで
拡がった視野が、自身の糧になる

営業活動を展開するうえでは、社内外のあらゆる関係者から常に信頼を勝ち得なければなりません。それだけに責任感は何よりも大切になります。その一方で景気や世界情勢など、社会の動きに影響を受ける側面もあります。特に私が担うエネルギーの分野では、自然と世の中の動きに敏感になります。社会の変化を受け止める柔軟性、そして学生時代よりも格段に拡がった視野、責任感にあらためて自身の成長を感じます。JFEスチールで、ともに「ナンバーワン」をめざしましょう!

キャリアステップ

Career

※ 所属や名称などの情報は取材時のものです