製鋼スラグからの鉄源回収技術の開発

JFE技報 ONLINE ISSN 2185-4327 / PRINT ISSN 1348-0669

No.40 2017年8月 スラグ製品特集号

製鋼スラグからの鉄源回収技術の開発
Development of Iron Recovery Technique from Steelmaking Slag

中瀬 憲治 NAKASE Kenji JFEスチール スチール研究所 製鋼研究部 主任研究員(副課長)
星野  建 HOSHINO Takeru JFEスチール スチール研究所 スラグ・耐火物研究部
佐々木成人 SASAKI Masato JFEスチール スチール研究所 機械研究部 主任研究員(課長)

要旨

JFEスチールでは,製鋼スラグからの鉄源回収を目的として,鉄・スラグ機械分離,スラグの高温還元,鉄分離後スラグの資源化に関する新プロセス開発を行っている。機械分離では磁力選別および密度分離方法の改善により,90%以上の金属鉄が回収できた。高温還元ではロータリーキルン型の装置を用い,塩基度2.0のスラグを1370℃で処理し,スラグ中FetOの92%が還元できた。スラグをキトサンで被覆することにより,アルカリ溶出量は1/10以下に抑制できた。また,溶融スラグを直接鋳造し,岩石状に凝固する冷却条件を検討した。

Abstract

In order to recycle iron in steelmaking slag, a new process concerning mechanical separation of iron from slag, slag reduction at high temperature, and slag recycle after iron separation has been developed. In the mechanical separation, more than 90% of metallic iron was collected from steelmaking slag by improving methods of magnetic separation and gravity separation. In the slag reduction at high temperature, 92% of FetO in separated slag was reduced by heating the slag of basicity (%CaO/%SiO2) = 2.0 at 1643K with rotary kiln. In the slag recycle after iron separation, alkaline elution from the slag was decreased to less than one tenth by coating slag with chitosan.
Moreover, cooling conditions for direct casting of molten slag to rock shape were investigated.

本文

上記資料の閲覧にはAdobe社のAcrobat Reader 5以上が必要です。
Acrobat Reader は下記アイコンをクリックしてダウンロードしてください。
Get Adobe Reader