製鋼スラグからの顕熱回収技術の開発

JFE技報 ONLINE ISSN 2185-4327 / PRINT ISSN 1348-0669

No.40 2017年8月 スラグ製品特集号

製鋼スラグからの顕熱回収技術の開発
Development of Heat Recovery System from Steelmaking Slag

紫垣 伸行 SHIGAKI Nobuyuki JFEスチール スチール研究所 環境プロセス研究部 主任研究員(課長)
田  恵太 TA Yasutaka JFEスチール スチール研究所 スラグ・耐火物研究部 主任研究員(副課長)
鷲見 郁宏 SUMI Ikuhiro JFEスチール スチール研究所 環境プロセス研究部(部長)

要旨

NEDOプロジェクト「環境調和型製鉄プロセス技術開発(COURSE50)」の一環として,JFEスチールでは製鋼スラグ顕熱回収技術の開発を行っている。2008~2012年のStep1開発期間では,溶融スラグから双ロール方式にて板状スラグを連続的に凝固させた後にスラグ熱回収設備にて熱回収を行う新プロセスを開発し,パイロット設備を建設して実証試験を実施した。2013年以降のStep2開発では,実機設備化を見据えた設備改善を行うと共に,本パイロット設備におけるスラグ連続処理能力の拡大を図った。その結果,スラグ連続凝固設備において最大29t/hのスラグ連続処理を達成した。また,本プロジェクトの目標である溶融スラグ保有熱に対する熱回収30%以上を得ることが出来た。

Abstract

JFE Steel has been developing a technology of sensible heat recovery process from steelmaking slag as one of the themes in NEDO project “COURSE50”. From FY 2008 to FY 2012 as in Step1 development period, we developed a slag heat recovery process from plate shaped slags that were solidified continuously by the surfaces of two cooling rolls, and verified the feasibility of this process by pilot scale tests with a newly developed pilot plant. From FY 2013 as Step2 development, we modified the pilot plant to improve the stability and productivity of slags taking actual operating conditions into consideration. As a result, we succeeded in continuous production of 29 t-slag at maximum.
We also achieved the target heat recovery ratio of above 30% from molten slag in this project.

本文

上記資料の閲覧にはAdobe社のAcrobat Reader 5以上が必要です。
Acrobat Reader は下記アイコンをクリックしてダウンロードしてください。
Get Adobe Reader