高炉スラグ微粉末の活性度に及ぼすMnOの影響

JFE技報 ONLINE ISSN 2185-4327 / PRINT ISSN 1348-0669

No.40 2017年8月 スラグ製品特集号

高炉スラグ微粉末の活性度に及ぼすMnOの影響
Influence of MnO on Activity of Ground Granulated Blast Furnace Slag

當房 博幸 TOBO Hiroyuki JFEスチール スラグ事業推進部 主任部員(部長)・博士(工学)
奥山 裕文 OKUYAMA Hirofumi JFEスチール 東日本製鉄所(千葉地区)製銑部 主任部員(課長)
有馬 啓介 ARIMA Keisuke 千葉リバーメント 製造部(課長)
弓削 祐夫 YUGE Masao 宇部興産(株) 技術開発研究所 企画管理部(部長)
岡田 昌巳 OKADA Masami 宇部興産(株) 技術開発研究所 品質試験グループ(グループリーダー)
大野 明恵 OONO Akie 宇部興産(株) 生産・技術本部 品質保証部

要旨

高炉セメント用の高炉スラグ微粉末の活性度指数に及ぼす水砕スラグ製造条件,化学組成の影響について調査した。その結果,スラグ中MnO濃度の影響が最も大きいことが判明し,MnO濃度を含めた新塩基度指標を提案した。
さらに,新塩基度指標に基に水砕スラグを区分し,目標塩基度になるよう混合することで,千葉リバーメントの高炉スラグ微粉末の品質が安定し,水砕スラグの歩留が向上した。

Abstract

The influence of production conditions and the chemical composition of water granulated slag on the activity of ground granulated blast furnace slag for blast furnace cement was investigated. As a result, since the influence of MnO content is significant, a new basicity index including MnO content was proposed. The water granulated slag was classified based on the new basicity and mixed so as to have the target basicity. The quality of the ground granulated slag of Chiba Reverment has stabilized, and the yield of the water granulated slag has been improved.

本文

上記資料の閲覧にはAdobe社のAcrobat Reader 5以上が必要です。
Acrobat Reader は下記アイコンをクリックしてダウンロードしてください。
Get Adobe Reader