高炉スラグ細骨材によるモルタル,コンクリートの塩分
共存下での凍結融解抵抗性の改善効果

JFE技報 ONLINE ISSN 2185-4327 / PRINT ISSN 1348-0669

No.40 2017年8月 スラグ製品特集号

高炉スラグ細骨材によるモルタル,コンクリートの塩分共存下での凍結融解抵抗性の改善効果
Effect of Blast Furnace Slag Fine Aggregate for Freezing-and-Thawing Durability of Mortar and Concrete under Salt Existence Environment

髙橋 克則 TAKAHASHI Katsunori JFEスチール スチール研究所 スラグ・耐火物研究部 主任研究員(部長)・博士(工学)
渡辺 圭児 WATANABE Keiji JFEスチール スチール研究所 スラグ・耐火物研究部長・博士(工学)
二井谷教治 NIITANI Kyoji オリエンタル白石(株) 技術研究所 所長・博士(工学)
細谷 多慶 HOSOTANI Kazuyoshi ランデス(株) 常務執行役員 技術部 副部長・博士(工学)

要旨

高炉スラグ細骨材を用いたコンクリートは,配合条件を適切に整えれば高い凍結融解抵抗性をもつことが分りつつある。本研究では,高炉スラグ細骨材を用いたモルタルおよびコンクリートについて,塩分が共存する凍害環境での耐久性を調査し,また,コンクリート床版を試作して輪荷重走行試験による疲労耐久性を検討した。塩分共存下でのモルタル,コンクリートの凍結融解抵抗性は,高炉スラグ細骨材の適用で明確に改善された。骨材とペースト界面の反応の寄与および塩分浸透の抑制による効果が示唆された。輪荷重走行試験では,70N/mm2レベルの高炉スラグ細骨材コンクリートを評価し,湿潤環境で載荷荷重200N/mm2,88000回以上の走行数でも破壊に至らず,一定の耐久性が確認された。

Abstract

Cement concrete using blast furnace slag fine aggregate (BFSA) has been found to have excellent freezing-and-thawing durability, in case mixture conditions are appropriate. In this study, freezing-and-thawing durability under salt existence environment was investigated for mortar and concrete using BFSA, and testing of fatigue durability of concrete slab was conducted. Resistance of concrete to freezing and thawing in NaCl (aq) was improved by using BFSA. Reaction between BFSA and cement paste boundary and suppression of salt penetration might have a role for the improvement. BFSA concrete with compressive strength of 70N/mm2 showed enough load bearing ability after 88000 tracks in wheel loading fatigue test with applied load of 200kN under wet condition.

本文

上記資料の閲覧にはAdobe社のAcrobat Reader 5以上が必要です。
Acrobat Reader は下記アイコンをクリックしてダウンロードしてください。
Get Adobe Reader