低吸水率の緻密高炉スラグ粗骨材のコンクリート適性評価

JFE技報 ONLINE ISSN 2185-4327 / PRINT ISSN 1348-0669

No.40 2017年8月 スラグ製品特集号

低吸水率の緻密高炉スラグ粗骨材のコンクリート適性評価
Evaluation of Concrete Applicability for Coarse Aggregate of Dense Blast Furnace Slag with Low Water Absorption Ratio

中西 克佳 NAKANISHI Katsuyoshi JFEスチール スチール研究所 土木・建築研究部 主任研究員(課長)・博士(工学)
村田 慶彦 MURATA Yoshihiko JFEスチール 東日本製鉄所 設備部 土木・建築室
田  恵太 TA Yasutaka JFEスチール スチール研究所 スラグ・耐火物研究部 主任研究員(副課長)

要旨

従来の高炉徐冷スラグ粗骨材は,多孔質であるため,吸水率が高く,コンクリートの水分管理が困難になっている。
これを解決するために,吸水率が天然骨材と同等の1%以下を満足する緻密化した高炉スラグ粗骨材を開発した。
この緻密化した高炉スラグ粗骨材を用いたコンクリートは,天然粗骨材を用いた場合と同等のワーカビリティー,強度,耐久性を保有する。また,鉄筋コンクリート部材に適用した場合,その曲げ性能に関しても遜色ない。さらに,耐久性のうち乾燥収縮特性に関して,石灰石を用いた場合と同等以上の性能を有している。また,実工事での施工において,ポンプ圧送性や型枠への充填性,ならびにコンクリートの表面仕上げにも問題ないことが確認できた。

Abstract

The coarse aggregate of the conventional air-cooled blast furnace slag (BFG) has high porosity. Therefore, the water absorption ratio is high and it is difficult to control the water quantity of concrete. In order to reduce the water absorption ratio, JFE Steel has developed new coarse aggregate of dense BFG with low water absorption under 1% equivalent to natural aggregate. The concrete of dense BFG coarse aggregate has the same workability, strength and durability as that of natural coarse aggregate. Applicability to reinforced concrete parts is comparable to natural coarse aggregate. The drying shrinkage of the concrete with dense BFG is better than that of the concrete with limestone. In the test construction of actual plant, we confirmed that there is no problem with pump ability, filling property to formwork and surface finish.

本文

上記資料の閲覧にはAdobe社のAcrobat Reader 5以上が必要です。
Acrobat Reader は下記アイコンをクリックしてダウンロードしてください。
Get Adobe Reader