低吸水率高炉スラグ粗骨材製造プロセスの開発

JFE技報 ONLINE ISSN 2185-4327 / PRINT ISSN 1348-0669

No.40 2017年8月 スラグ製品特集号

低吸水率高炉スラグ粗骨材製造プロセスの開発
Development of Manufacturing Process of Blast Furnace Slag Coarse Aggregate with Low Absorption

田  恵太 TA Yasutaka JFEスチール スチール研究所 スラグ・耐火物研究部 主任研究員(副課長)
當房 博幸 TOBO Hiroyuki JFEスチール スラグ事業推進部 主任部員(部長)・博士(工学)
渡辺 圭児 WATANABE Keiji JFEスチール スチール研究所 スラグ・耐火物研究部長・博士(工学)

要旨

従来の高炉スラグ粗骨材は多孔質であるため,吸水率が高く,コンクリート粗骨材として使用する場合,水分管理が困難である。JFEスチールでは,吸水率を天然骨材と同等の1%以下にするために,高炉スラグ連続凝固プロセスPACSS®(Pan type continuous slag solidification)を開発した。本プロセスでは,高炉溶融スラグを鋳型に20~30mmの厚みで流し込み,凝固させる。スラグ中からガスが発生,成長する前に凝固でき,スラグ中の気孔を低減できる。パイロット設備を建設し,吸水率1%以下の高炉スラグ粗骨材を製造できた。

Abstract

Due to the high porosity of blast furnace slag coarse aggregate (BFG), it is difficult to control the water content of the concrete where the BFG is used. JFE steel has been developing a pan type continuous slag solidification (PACSS™) process to reduce water absorption ratio of BFG under 1%. In this process, molten slag is poured into mold, and the slag is solidified at the thickness of 20mm to 30mm before the gas in the slag is generated and produced. The process results in the reduction of the porosity of slag. A pilot plant was constructed, and production of BFG under 1% became possible using this plant.

本文

上記資料の閲覧にはAdobe社のAcrobat Reader 5以上が必要です。
Acrobat Reader は下記アイコンをクリックしてダウンロードしてください。
Get Adobe Reader