鉄鋼スラグを混合した津波堆積土改良土の盛土の力学特性

JFE技報 ONLINE ISSN 2185-4327 / PRINT ISSN 1348-0669

No.40 2017年8月 スラグ製品特集号

鉄鋼スラグを混合した津波堆積土改良土の盛土の力学特性
Properties of Embankment Made from Tsunami Sediment Mixed Steel Slag

鈴木  操 SUZUKI Misao JFEスチール スラグ事業推進部 主任部員(副部長)
林  正宏 HAYASHII Masahiro JFEスチール スラグ事業推進部 主任部員(副部長)
吉澤 千秋 YOSHIZAWA Chiaki JFEミネラル 技術サービス部・博士(工学)

要旨

東日本大震災の復興における社会基盤整備事業においては,津波堆積物を処理して得られた津波堆積土を主体とする分級土を有効活用するとともに,鉄鋼スラグなどの循環資材を活用することも望まれている。一方,分級土は木片を多く含んでおり,復興資材として利用するためには施工性,力学的特性,環境安全性を把握する必要がある。
このため,地盤工学会東北支部「東日本大震災における廃棄物資源循環のための研究委員会」の「鉄鋼スラグ有効利活用小委員会」において,分級土と分級土に鉄鋼スラグを混合して改良した土について,室内試験と現地盛土試験を行い,盛土材としての適用性を検討した。検討の結果,津波堆積土を鉄鋼スラグ混合で改良した土で盛土することで,高品質な盛土が構築可能であると判断することができた。

Abstract

Effective utilization of classified soil mainly consisting of tsunami sediments classified from processing of tsunami deposits together with recycled resources such as steel slag is desired for social infrastructure development projects of the Great East Japan Earthquake. In order to use classified tsunami sediments which have many wood chips as reconstruction materials, their workability, mechanical properties and environmental safety need to be understood.
Applicability of classified tsunami sediments and mixed steel slag for embankment materials was studied by laboratory tests and field test. The study was conducted at the Japanese geotechnical society, Tohoku branch.
It was concluded that high quality embankment structure can be made from classified tsunami sediment by mixing steel slag.

本文

上記資料の閲覧にはAdobe社のAcrobat Reader 5以上が必要です。
Acrobat Reader は下記アイコンをクリックしてダウンロードしてください。
Get Adobe Reader