製鋼スラグを用いたSCP工法「スマートコンパクション®」の開発

JFE技報 ONLINE ISSN 2185-4327 / PRINT ISSN 1348-0669

No.40 2017年8月 スラグ製品特集号

製鋼スラグを用いたSCP工法「スマートコンパクション®」の開発
Development of SCP Method Using Steelmaking Slag

本田 秀樹 HONDA Hideki JFEスチール スチール研究所 土木・建築研究部 主任研究員(課長)
恩田 邦彦 ONDA Kunihiko JFEスチール スチール研究所 土木・建築研究部 主任研究員(課長)
粟津 進吾 AWAZU Shingo JFEスチール スチール研究所 土木・建築研究部 主任研究員(係長)

要旨

SCP工法の中詰材として製鋼スラグを用いた「スマートコンパクション®」の開発に取り組んでいる。港湾構造物の耐震性評価では,製鋼スラグで改良した港湾構造物の動的解析を行い,天然砂よりも地盤改良幅を約10%縮小可能であることを示した。長期透水性評価では,塩基度1.0以下の製鋼スラグを用いた通水試験を行い,低置換改良工法への適用可能性を示した。さらに,液状化対策工法への利用に関して,施工4.5年経過後のスラグ杭のpHへの影響と膨張挙動のモニタリング調査の結果,周辺地盤のpH上昇は見られず,蒸気エージング処理したスラグ杭では膨張影響がないことを確認した。

Abstract

SCP (Sand Compaction Pile) method using steelmaking slag as a stuffing material has been developed. Dynamic analysis of port structures improved by steelmaking slag showed that the improvement width could be reduced by about 10% than natural sand. In the evaluation of long term permeability, the laboratory test was carried out using steelmaking slag having basicity less than 1.0, and it was found that it can be applied to SCP method with low replacement ratio. Monitoring investigation of pH influence around pile and expansion behavior of pile 4.5 years after construction showed that no pH increase around the pile ground was observed, and it was confirmed that the steelmaking slag pile treated with the steam aged did not have the expansion effect.

本文

上記資料の閲覧にはAdobe社のAcrobat Reader 5以上が必要です。
Acrobat Reader は下記アイコンをクリックしてダウンロードしてください。
Get Adobe Reader