カルシア改質土の人工干潟造成への適用

JFE技報 ONLINE ISSN 2185-4327 / PRINT ISSN 1348-0669

No.40 2017年8月 スラグ製品特集号

カルシア改質土の人工干潟造成への適用
Application of Improved Dredged Soil with Steelmaking Slag to Artificial Tidal Flat

本田 秀樹 HONDA Hideki JFEスチール スチール研究所 土木・建築研究部 主任研究員(課長)
土田  孝 TSUCHIDA Takashi 広島大学大学院工学研究院 社会環境空間部門 教授・博士(工学)

要旨

浚渫土の有効活用として,鉄鋼製造の副産物である転炉系製鋼スラグと浚渫土を混合したカルシア改質土の用途開発に取り組んでおり,浅場・干潟の造成材,浚渫窪地の埋戻し材や埋立材への適用を考えている。ここでは,人工干潟への利用技術として,人工干潟の修復工法への適用とカルシア改質土を腹付け材とした人工干潟構造を検討した。人工干潟修復工法への適用では,カルシア改質土を用いた修復工法の提案と実規模施工試験を行い,カルシア改質土の有効性を実証した。人工干潟構造の開発では,潜堤の腹付け材にカルシア改質土を用いた新しい人工干潟構造を提案し,遠心模型実験により,従来構造と同等の安定性を有することを確認した。

Abstract

In order to effectively use dredged soil, improved dredged soil which is mixed with steelmaking slag has been developed. Intended application areas of the improved soil are tidelands, dredging hollows and reclamation materials.
Restoration method of an artificial tidal flat and development of a new artificial tideland using the improved dredged soil were studied. For the restoration method using the improved dredged soil, proposed new method was demonstrated to be effective compared with the conventional type through field construction test. For the development of new artificial tideland, proposed new structure with the improved dredged soil enables reduction in soil improvement width and increase in dredged soil quantity, and the stability of this artificial tideland was confirmed through centrifuge model test.

本文

上記資料の閲覧にはAdobe社のAcrobat Reader 5以上が必要です。
Acrobat Reader は下記アイコンをクリックしてダウンロードしてください。
Get Adobe Reader