山下公園前海域における鉄鋼スラグ製品による生物生息環境の改善

JFE技報 ONLINE ISSN 2185-4327 / PRINT ISSN 1348-0669

No.40 2017年8月 スラグ製品特集号

山下公園前海域における鉄鋼スラグ製品による生物生息環境の改善
Restoration of Marine Environment for Various Organisms in Sea Adjoining Yamashita Park Using Steel Slag Products

宮田 康人 MIYATA Yasuhito JFEスチール スチール研究所 スラグ・耐火物研究部 主任研究員(副部長) Ph. D.
松本  剛 MATSUMOTO Takeshi JFEスチール スラグ事業推進部長(理事)
浦垣 直子 URAGAKI Naoko 横浜市環境創造局政策調整部環境科学研究所
市川 竜也 ICHIKAWA Tatsuya 横浜市環境創造局政策調整部環境科学研究所
堀 美智子 HORI Michiko 横浜市環境創造局政策調整部環境科学研究所

要旨

横浜市とJFEスチールは,鉄鋼スラグ製品を活用した海域の生物生息環境の改善手法の検討を目的とし,2013年9月から共同研究を実施している。この研究では,生物付着基盤の効果が期待される鉄鋼スラグ製品などを用いたつき磯を横浜市の山下公園前海域に造成して生物の生息環境を創出し,その効果を検証するためのモニタリング調査を実施している。2016年1月までに行ったモニタリング調査の結果より,濾過食性のホヤや二枚貝などの水質浄化能力を有する動物が増えたことから,生物生息環境が改善され,海域の水質浄化能力が回復しつつあることが確認され,鉄鋼スラグ製品などを用いた生物付着基盤を構築することが生物の豊かな海域環境形成に有効であることが示唆された。

Abstract

JFE Steel Corporation and Yokohama City have been conducting collaborative research for the purpose of studying improvement of the environment for various organisms since September 2013. In this research, artificial reefs, which are expected to function as bases for adherence of organisms, were built using steel slag products in the sea adjoining Yamashita Park and monitoring has been conducted to verify their effect. From the monitoring results until January 2016, it was found that sea squirts, bivalves, which have the capacity to purify water, and other animals increased. This implies that developing adhesion bases for organisms using slag products is an effective measure to improve marine environments.

本文

上記資料の閲覧にはAdobe社のAcrobat Reader 5以上が必要です。
Acrobat Reader は下記アイコンをクリックしてダウンロードしてください。
Get Adobe Reader