長期間海域に曝露させた鉄鋼スラグ水和固化体の諸特性

JFE技報 ONLINE ISSN 2185-4327 / PRINT ISSN 1348-0669

No.40 2017年8月 スラグ製品特集号

長期間海域に曝露させた鉄鋼スラグ水和固化体の諸特性
Properties of Iron and Steel Slag Hydrated Matrix Exposed in Sea Area for Long Period

井上陽太郎 INOUE Yotaro JFEスチール スチール研究所 スラグ・耐火物研究部 主任研究員(副課長)
松永 久宏 MATSUNAGA Hisahiro JFEスチール スチール研究所 スラグ・耐火物研究部 主任研究員(副部長)・博士(環境学)
渡辺 圭児 WATANABE Keiji JFEスチール スチール研究所 スラグ・耐火物研究部長・博士(工学)

要旨

骨材に製鋼スラグ,主な結合材に高炉スラグ微粉末を用いる鉄鋼スラグ水和固化体「フェロフォーム®」を海域に曝露させ,約10年後に評価した。海中曝露試料の表面には多数の生物が確認された。圧縮強度は27~30N/mm2であり製造時の2倍以上に上昇した。見掛けの塩分拡散係数は干満帯で0.04~0.16cm2/年,海中で0.3~0.5cm2/年であった。干満帯における平均中性化深さは2.5mmであり,中性化速度係数は普通コンクリートより小さかった。
細孔径は小さく耐中性化に優れる結果と矛盾しない。またコンクリートと同様に,フリーデル氏塩の生成と溶脱,及びSO3の濃縮現象を確認した。

Abstract

“Ferroform™”, iron and steel slag hydrated matrix, consisting mainly of steelmaking slag as aggregate and ground granulated blast furnace slag as binder, were exposed in sea area for 10 years and were examined. Many organisms were confirmed on the surface of samples at undersea zone. The compressive strength of test sample was 27-30N/mm2, which is more than twice as high as same sample after standard curing for 4 weeks. The apparent Cl diffusion coefficien was 0.04-0.16cm2/year at tidal zone and 0.3-0.5cm2/year at undersea zone. The average neutralization depths at tidal zone was 2.5mm, and the neutralization rate coefficient was smaller than that of ordinary portland cement concrete and slag cement concrete. Pore size was small, which is consistent with the results of small neutralization rate coefficient. Generation and eluviation of Friedel’s salt, and condensation of SO3 were confirmed.

本文

上記資料の閲覧にはAdobe社のAcrobat Reader 5以上が必要です。
Acrobat Reader は下記アイコンをクリックしてダウンロードしてください。
Get Adobe Reader