製鋼スラグによる岩礁性藻場造成とその効果

JFE技報 ONLINE ISSN 2185-4327 / PRINT ISSN 1348-0669

No.40 2017年8月 スラグ製品特集号

製鋼スラグによる岩礁性藻場造成とその効果
Effects of Seaweed Epiphytic and Fish-gathering due to the Construction by Steel-making Slag

薮田 和哉 YABUTA Kazuya JFEスチール 西日本製鉄所 倉敷地区スラグ部長(兼)福山地区スラグ部長・工学博士
杉本 憲司 SUGIMOTO Kenji 宇部工業高等専門学校 物質工学科 准教授・博士(工学)
林  悦雄 HAYASHI Etsuo 神代漁業協同組合 代表理事組合長
高濱 繁盛 TAKAHAMA Shigemori 復建調査設計株式会社 環境部長
玄番 克弘 GENBA Katsuhiro JFEミネラル 製鉄関連事業部 西日本営業部長

要旨

山口県岩国市由宇町神東地先において,製鋼スラグへの海藻着生による藻場形成と,生態系形成に伴う藻場機能の創出を目的として,マリンストーン®(粒度調整製鋼スラグ)による岩礁性藻場生育基盤の造成を行った。施工は2013年2月(第1期),2014年7月(第2期)および2016年11月(第3期)の3回行い,約55000m3のマリンストーンを約24000m2の範囲に敷設した。マリンストーンに着生した海藻の種類数および海藻湿重量は徐々に増加し,天然石,鉄鋼スラグ水和固化体よりも多かった。岩礁性藻場造成区域内において刺網で採取できた魚類等は,造成前と比べて種類数は同程度かやや多く,個体数は増加した。また,採取されたオニオコゼおよびタイ類の個体数については,周辺天然藻場よりもおおむね多かった。

Abstract

Rock reef base of seaweed epiphytic was constructed by steelmaking slag at Yuu-cho Shinto, Iwakuni City, Yamaguchi Pref. to form seaweed epiphytic by seeweed-growing over the steelmaking slag and create fish-gathering function with ecosystem formation by seaweed epiphytic. Constructions were divided into 3 periods, Feb. 2013 (phase 1), Jul. 2014 (phase 2) and Nov. 2016 (phase 3), and approx. 55000m3 steelmaking slag was thrown onto about 24000m2area. Number of species and wet weight grown over steelmaking slag has gradually increased and it was larger than that over natural rock or steelmaking slag hydrated matrix. Number of species of fishes caught by gill net in the constructed area was equal or greater than before the construction and population of fishes were increased.
Additionally, catch amount of devil stinger and sea breams were mostly greater than that of neighbor natural fish-gatherings.

本文

上記資料の閲覧にはAdobe社のAcrobat Reader 5以上が必要です。
Acrobat Reader は下記アイコンをクリックしてダウンロードしてください。
Get Adobe Reader