鉄鋼スラグ底質改善材「マリンストーン®」を用いた海域環境改善技術

JFE技報 ONLINE ISSN 2185-4327 / PRINT ISSN 1348-0669

No.40 2017年8月 スラグ製品特集号

鉄鋼スラグ底質改善材「マリンストーン®」を用いた海域環境改善技術
Improvement of Marine Environment Using “Marine Stone™” Made of Steelmaking Slag

宮田 康人 MIYATA Yasuhito JFEスチール スチール研究所 スラグ・耐火物研究部 主任研究員(副部長)・Ph. D.
谷敷 多穂 TANISHIKI Kazuho JFEスチール スラグ事業推進部 主任部員(副部長)
渡辺 圭児 WATANABE Keiji JFEスチール スチール研究所 スラグ・耐火物研究部長・博士(工学)
山本 民次 YAMAMOTO Tamiji 広島大学大学院生物圏科学研究科 教授・博士(農学)
卜部 憲登 URABE Norito 福山市環境経済局環境部環境保全課 課長

要旨

製鋼スラグを原料とした「マリンストーン®」の硫化物抑制効果について広島県福山市に位置する福山内港にて実海域試験を実施した。同海域は,海底に高濃度の硫黄を含むヘドロ状の泥が堆積し,これに起因する硫化水素の発生が問題になっている。実海域試験の結果,マリンストーン試験区は対照区と比較して間隙水中の溶存硫化物が著しく低減し,その効果は約2年間継続した。溶存硫化物はマリンストーンに含まれる鉄イオンと反応して不溶化されたと推察された。試験区では底生生物の顕著な増加も確認された。これらから,沿岸海域の海底をマリンストーンで覆砂することにより,水・底質を効果的に改善しうることが示唆される。

Abstract

To evaluate the sulfide reduction effect of “Marine Stone”, which are made of steelmaking slag, field experiments were conducted in Fukuyama inner harbor, where sulfur odors caused by hydrogen sulfide containing gas generated from the sediments is an issue for local citizen. “Marine Stone”, 5500 tons in total, were applied on the bottom sediments to suppress the odor production. In “Marine Stone” applied plot, dissolved sulfide concentrations in the interstitial water were suppressed drastically compared to those in the control plot, and the effect has lasted for about two years. It was supposed that dissolved sulfide may have reacted with Fe ions eluted from “Marine Stone” and insolubilized. The numbers of species and individual numbers of macrobenthos increased in the experimental plot.
These results imply that capping deteriorated sediments with “Marine Stone” can effectively improve the water and sediment quality of coastal areas.

本文

上記資料の閲覧にはAdobe社のAcrobat Reader 5以上が必要です。
Acrobat Reader は下記アイコンをクリックしてダウンロードしてください。
Get Adobe Reader