φ 450 mm圧延丸棒の高品質,高能率プロセス開発

JFE技報 ONLINE ISSN 2185-4327 / PRINT ISSN 1348-0669

No.39 2017年2月 缶用鋼板・棒線特集号

ϕ 450 mm圧延丸棒の高品質,高能率プロセス開発
High-Quality and Efficient Manufacturing Process Development of ϕ 450 mm Rolled Round Bar

小橋 幸治 KOBASHI Koji JFEスチール西日本製鉄所(倉敷地区)条鋼部 条鋼技術室 主任部員(係長)
大谷 義則 OHTANI Yoshinori JFEスチール西日本製鉄所(倉敷地区)条鋼部 条鋼技術室 主任部員(副部長)
竹久  修 TAKEHISA Osamu JFEスチール西日本製鉄所(倉敷地区)制御部 制御技術室 主任部員(副課長)

要旨

JFEスチール西日本製鉄所(倉敷地区)鋼片工場における丸棒の製造サイズレンジは,2011年に上限拡大するまでϕ 90~420 mmであった。生産能率の向上および,お客様からのサイズ拡大と品質保証体制の強化のご要望に応えるべく,以下の3点の改善を実施し,最大ϕ 450 mmの圧延丸棒を高品質かつ高能率で製造する体制を確立した。
(1)低速圧延プロセスの導入による丸棒の内質改善とカリバー変更
(2)非接触式磁粉探傷機の導入による表面疵保証体制の強化
(3)既存超音波探傷機の高能率化改造による処理能率向上

Abstract

Before the billet mill was modified in 2011 at JFE Steel West Japan Works (Kurashiki), the diameter range of conventional round bar was ϕ 90 to 420 mm. In order to improve productivity and respond appropriately to customer requirements by increasing the upper limit of bar diameter and enhancing the quality assurance system, JFE Steel modernized the mill in following three areas:
(1) Modifying roll caliber design and application of slow-pass rolling,
(2) Introduction of non-contact type manual magnetic tester for better quality assurance, and
(3) Modification of automatic ultrasonic tester for higher speed inspection of inner flaw.
Finally, high-quality and high-productivity production system of round bars with increased upper limit of diameter to ϕ 450 mm has been established.

本文

上記資料の閲覧にはAdobe社のAcrobat Reader 5以上が必要です。
Acrobat Reader は下記アイコンをクリックしてダウンロードしてください。
Get Adobe Reader