低炭素硫黄快削鋼の切削後表面粗さに及ぼす各種因子の影響

JFE技報 ONLINE ISSN 2185-4327 / PRINT ISSN 1348-0669

No.39 2017年2月 缶用鋼板・棒線特集号

低炭素硫黄快削鋼の切削後表面粗さに及ぼす各種因子の影響
Factors Affecting Surface Roughness of Resulfurized Free Cutting Low Carbon Steel

今浪 祐太 IMANAMI Yuta JFEスチール スチール研究所 棒鋼・線材研究部 主任研究員(係長)
冨田 邦和 TOMITA Kunikazu JFEスチール スチール研究所 棒鋼・線材研究部 主任研究員(部長)・博士(工学)
西村 公宏 NISHIMURA Kimihiro JFEスチール スチール研究所 棒鋼・線材研究部長

要旨

低炭素硫黄快削鋼の切削後面粗さに及ぼす各種因子の影響はこれまで多数報告されている。しかし,それらのほとんどがハイス工具を使用した研究であり,近年主流となりつつある超硬等の工具における研究例は少ない。今回,切削後の面粗さに及ぼす工具材種の影響ならびに材料因子の影響を検討した。その結果,工具材種毎の熱伝導率の相違を受け,切削温度が変化し,構成刃先の生成状態への影響を通じて,工具材種が面粗さに影響する可能性がある。また,材料因子の観点から面粗さを低減するには,超硬およびセラミックス工具のいずれを用いた場合でも,硫化物サイズの増大,硫化物アスペクト比の減少(紡錘状化),降伏比の増大(フェライト微細化)が有効と示された。

Abstract

Factors affecting surface roughness after cutting low carbon resulfurized free cutting steel have been reported in many papers in the past. However, most of studies were carried out using high speed steel tools instead of cemented carbide or ceramics tools which are becoming more popular recently. In this study, effect of tool materials and steel factors such as sulfides and yield ratio on surface roughness after cutting was studied. As a result, difference of thermal conductivity among tool materials changes cutting temperature. Change in cutting temperature affects surface roughness through formation behavior of built-up edge. On the other hand, from the viewpoint of steel factors, enlarging sulfides, decreasing aspect ratio of sulfides and increasing yield ratio are effective in order to reduce surface roughness with both cemented carbide tools and ceramic tools.

本文

上記資料の閲覧にはAdobe社のAcrobat Reader 5以上が必要です。
Acrobat Reader は下記アイコンをクリックしてダウンロードしてください。
Get Adobe Reader