部品生産工程を革新する浸炭用棒鋼線材

JFE技報 ONLINE ISSN 2185-4327 / PRINT ISSN 1348-0669

No.39 2017年2月 缶用鋼板・棒線特集号

部品生産工程を革新する浸炭用棒鋼線材
Carburizing Steel to Innovate Parts Manufacturing Process

今浪 祐太 IMANAMI Yuta JFEスチール スチール研究所 棒鋼・線材研究部 主任研究員(係長)
冨田 邦和 TOMITA Kunikazu JFEスチール スチール研究所 棒鋼・線材研究部 主任研究員(部長)・博士(工学)
西村 公宏 NISHIMURA Kimihiro JFEスチール スチール研究所 棒鋼・線材研究部長

要旨

浸炭部品の製造工程における冷間鍛造前焼鈍と浸炭前ノルマを省略可能な鋼を開発すべく,冷間鍛造性および浸炭熱処理時のγ異常粒成長抑制能の向上を検討した。変形抵抗低減には,Si, Mn, Cr添加バランスの最適化,N固定による動的ひずみ時効の抑制,低温制御圧延によるフェライト分率の向上が有効と示され,γ異常粒成長抑制能の向上には,Nb単独添加での析出制御が必要と示された。これらの技術を統合させた開発鋼は,圧延ままで優れた冷間鍛造性と浸炭時のγ異常粒成長抑制能を有すため,冷間鍛造工程における焼鈍とノルマの双方を省略可能であり,部品生産工程を革新する。

Abstract

In order to develop new steel material to achieve intermediate heat treatment-free process in parts manufacturing, cold forgeability of as-rolled steel and suppression of abnormal grain growth of austenite were studied. It was shown that adjustment of Si, Mn and Cr, suppression of dynamic strain aging during cold forging, and increase of ferrite through controlled rolling contribute to the reduction of deformation resistance. On the other hand, Nb precipitation control by fully utilizing mill manufacturing processes was also necessary for suppression of abnormal grain growth of austenite. Integrating these technologies, the new steel material was developed, making it possible to eliminate annealing before cold forging and normalizing before carburizing simultaneously. Thus the developed steel innovates parts manufacturing processes.

本文

上記資料の閲覧にはAdobe社のAcrobat Reader 5以上が必要です。
Acrobat Reader は下記アイコンをクリックしてダウンロードしてください。
Get Adobe Reader