JFEスチールの棒鋼・線材の製造プロセスと商品の特徴

JFE技報 ONLINE ISSN 2185-4327 / PRINT ISSN 1348-0669

No.39 2017年2月 缶用鋼板・棒線特集号

JFEスチールの棒鋼・線材の製造プロセスと商品の特徴
Manufacturing Processes and Products of Bar and Wire Rod in JFE Steel

佐藤 道夫 SATO Michio JFEスチール 棒線セクター部長
西村 公宏 NISHIMURA Kimihiro JFEスチール スチール研究所 棒鋼・線材研究部長

要旨

JFEスチールの棒鋼・線材製品の製造体制は高炉製造と電気炉製造の両方を持ち,多様な商品群によってお客様のニーズに対応している。西日本製鉄所倉敷地区およびJFE条鋼仙台製造所はそれぞれに特徴のある製造プロセスにより,高品質な製品の製造体制および供給体制を確立している。さらに,高付加価値商品の研究開発に継続して取り組んでおり,各品種分野で優れた特性を有し,環境に調和する鋼材の商品化を進めている。本稿ではJFEスチールの製造プロセスの特徴を概説するとともに代表的な開発商品を紹介する。

Abstract

JFE Steel manufactures bar & wire rod and related products at both blast furnace and electric furnace steel works, and responds to the customers’ needs by variety of products. By taking advantage of these respective processes, JFE Steel West Japan Works (Kurashiki) and JFE Bars & Shapes Sendai Works established manufacturing system of high quality products and supply system. Furthermore, JFE Steel has made continual development of value-added products and commercialized eco-friendly products with excellent properties. This paper describes features of these plants and processes and introduces typical examples of newly developed bar & wire rod products in JFE Steel.

本文

上記資料の閲覧にはAdobe社のAcrobat Reader 5以上が必要です。
Acrobat Reader は下記アイコンをクリックしてダウンロードしてください。
Get Adobe Reader