ラミネート鋼板の内容物取り出し性に及ぼす表面自由エネルギーの影響

JFE技報 ONLINE ISSN 2185-4327 / PRINT ISSN 1348-0669

No.39 2017年2月 缶用鋼板・棒線特集号

ラミネート鋼板の内容物取り出し性に及ぼす表面自由エネルギーの影響
Effect of Surface Free Energy of Film Laminated TFS on Content Release Properties

山中洋一郎 YAMANAKA Yoichiro JFEスチール 缶用鋼板セクター部 主任部員(副部長)
北川 淳一 KITAGAWA Junichi JFEスチール 缶・ラミネート材料研究部 主任研究員(課長)

要旨

各種フィルムラミネート鋼板の内容物取り出し性を評価し,表面自由エネルギーが性能に及ぼす影響を調査した。エネルギー値が高い親水性領域(44 mN/m以上)と,エネルギー値が低い疎水性領域(23 mN/m以上)で,内容物が缶内面に付着せず,性能が良好となることが判明した。この現象は,水中におけるタンパク質とフィルムラミネート鋼板との間の,接着仕事で整理でき,水中での接着仕事が小さいほど,内容物取り出し性が良好となる。内容物中のタンパク質がフィルム表面に初期吸着することで,脂肪や炭水化物などの内容物成分の接着が起こり,巨視的な付着物の生成につながるものと考えられる。

Abstract

Using the film with the wide range of surface free energy values, JFE Steel studied the effect of the surface free energy of the material contacting stuffed content on content release properties. It was found that the properties are closely related to the surface free energy of the material and the materials with surface free energy of less than 23 mN/m or more than 44 mN/m, show excellent properties. Content release properties can be expressed as the work of adhesion in water between material and protein. Reduction of the work of adhesion leads to a significant improvement in content release properties. Concerning the simulated contents used in this study, the proteins in those contents are primarily absorbed on the surface of the films, followed by adhering fatty acids and carbohydrates, which results in generation of macroscopic adhesives.

本文

上記資料の閲覧にはAdobe社のAcrobat Reader 5以上が必要です。
Acrobat Reader は下記アイコンをクリックしてダウンロードしてください。
Get Adobe Reader