缶用極低炭素鋼のフェライト粒径に及ぼすNb添加の影響

JFE技報 ONLINE ISSN 2185-4327 / PRINT ISSN 1348-0669

No.39 2017年2月 缶用鋼板・棒線特集号

缶用極低炭素鋼のフェライト粒径に及ぼすNb添加の影響
Effect of Nb Contents on Size of Ferrite Grains in Ultra-low Carbon Steel for Cans

中川 祐介 NAKAGAWA Yusuke JFEスチール スチール研究所 缶・ラミネート材料研究部 主任研究員(副課長)
多田 雅毅 TADA Masaki JFEスチール スチール研究所 薄板研究部 主任研究員(課長)
小島 克己 KOJIMA Katsumi JFEスチール スチール研究所 缶・ラミネート材料研究部 部長

要旨

絞り缶用途のフィルムラミネート鋼板には,耐肌荒れ性と高加工性の観点から,微細粒かつ軟質な鋼が適している。缶用鋼板の高加工用途としてNb添加極低炭素鋼が用いられるが,絞りしごき加工では依然として耐肌荒れ性が課題である。本研究では,従来のNb添加極低炭素鋼の更なる微細粒化を試みた。その結果,粒径と鋼板強度の優れたバランスを有するC量とNb量を見出した。

Abstract

Soft-tempered and fine-grained steel is preferred for film-laminated steel sheets for drawn cans in view of surface deterioration resistance and high formability. Although Nb-added ultra-low carbon steel is used for forming application of cans, the problem of surface deterioration resistance still remains after drawing and ironing. In this study, the further grain refinement of conventional Nb-added ultra-low carbon steel has been attempted. As a result, carbon and niobium contents having an excellent balance of grain size and steel plate strength has been found.

本文

上記資料の閲覧にはAdobe社のAcrobat Reader 5以上が必要です。
Acrobat Reader は下記アイコンをクリックしてダウンロードしてください。
Get Adobe Reader