JFEスチール西日本製鉄所(福山地区)における
製鋼工場の一貫生産能力向上対策

JFE技報 ONLINE ISSN 2185-4327 / PRINT ISSN 1348-0669

No.38 2016年8月 製鋼特集号

JFEスチール西日本製鉄所(福山地区)における製鋼工場の一貫生産能力向上対策
Improvement in Production Capacity at Steelmaking Plant in West Japan Works (Fukuyama), JFE Steel

井上 周大 INOUE Shuta JFEスチール 西日本製鉄所(福山地区)製鋼部製鋼技術室 主任部員(係長)
加茂 百紀 KAMO Momoki JFEスチール 西日本製鉄所(福山地区)製鋼部製鋼技術室長(部長)
錦織 正規 NISHIKORI Masanori JFEスチール 東日本製鉄所(千葉地区)製鋼部長(理事)

要旨

JFEスチール西日本製鉄所(福山地区)では,生産性向上,自動車向けを中心とした高級鋼拡販,品質造り込み能力向上およびコスト削減を図ってきた。その施策として,第3製鋼工場に単ストランド連続鋳造機である第7スラブ連続鋳造機および新転炉の建設,ヒートサイズ拡大に取り組んだ。その結果,第7スラブ連続鋳造機は当初の計画であった200 kt/monthを上回る241.8 kt/monthの生産量新記録を達成し,精錬工程では転炉1基を新設するとともに,ヒートサイズを348 t/チャージに拡大することで生産性が向上した。また,新転炉型予備処理プロセスであるDouble-slag Re„ning Process(DRP®)を行うことで,品質造り込み能力向上及びコスト削減を図っている。これらの建設の結果,一貫生産能力が向上し,2015年3月の生産量は636.9 kt/monthに達し,第3製鋼工場の生産量新記録を達成した。

Abstract

In JFE Steel West Japan Works (Fukuyama), various technological developments have been accomplished aiming for improvement in productivity, sales expansion of high quality steel sheet for automobiles, slab quality improvement, and cost reduction. To achieve these target, No. 7 continuous slab caster (CC) and a new converter were built, and heat size of No. 3 Steelmaking Plant has been increased. No. 7 CC has exceeded planned productivity of 200 kt/month. In refining process, by constructing a new converter and increasing heat size to 348 t/charge, productivity has been increased. In addition, by performing dephosphorization pretreatment with converter, called Double-slag Refining Process (DRP®), cost and slab quality have been improved. As a result of these developments, the amount of production at No. 3 Steelmaking Plant increased to record 636.9 kt/month in March 2015.

本文

上記資料の閲覧にはAdobe社のAcrobat Reader 5以上が必要です。
Acrobat Reader は下記アイコンをクリックしてダウンロードしてください。
Get Adobe Reader