JFEスチール東日本製鉄所(京浜地区)における省資源型製鋼技術

JFE技報 ONLINE ISSN 2185-4327 / PRINT ISSN 1348-0669

No.38 2016年8月 製鋼特集号

JFEスチール東日本製鉄所(京浜地区)における省資源型製鋼技術
Resource Saving Steelmaking Technologies in East Japan Works (Keihin), JFE Steel

前田 孝彦 MAEDA Takahiko JFEスチール 東日本製鉄所(京浜地区)製鋼部製鋼技術室主任部員(課長)
田野  学 TANO Manabu JFEスチール 東日本製鉄所(京浜地区)製鋼部製鋼技術室長(部長)
奥山 悟郎 OKUYAMA Goro JFEスチール 経営企画部 海外事業統括室 主任部員(部長)・博士(工学)

要旨

東日本製鉄所(京浜地区)製鋼工場では2004年に溶銑脱硫工程,2005年に溶銑脱りん工程における精錬剤として蛍石を用いない操業に切り替えた。蛍石を用いない溶銑脱硫剤の反応効率向上技術として,機械撹拌型溶銑脱硫において,石灰投射技術を開発し,脱硫剤使用量を低減した。溶銑脱りん工程では,Double-slag ReŒning Process(DRP®)の導入と,実施率向上のための処理ピッチ短縮により媒溶材を削減した。これらの改善により,溶銑配合率の低減と同時に,蛍石を使用していた当時の90%まで媒溶材を削減することができた。

Abstract

Hot metal desulfurization and dephosphorization processes were switched from with flour spar to without flour spar operation in 2004 and 2005, respectively, at East Japan Works, Keihin District. CaO blasting was applied, and flux consumption was reduced in hot metal desulfurization without flour spar. Double-slag Refining Process (DRP®) introduced and its operation speed was increased to improve application rate, which resulted in decreasing flux consumption. Flux consumption decreased by 10% compared with that in the case with flour spar at the condition of lower hot metal ratio.

本文

上記資料の閲覧にはAdobe社のAcrobat Reader 5以上が必要です。
Acrobat Reader は下記アイコンをクリックしてダウンロードしてください。
Get Adobe Reader