製鋼工程の容器における熱損失低減技術

JFE技報 ONLINE ISSN 2185-4327 / PRINT ISSN 1348-0669

No.38 2016年8月 製鋼特集号

製鋼工程の容器における熱損失低減技術
Reduction of Heat Loss in Steelmaking Process

井上 明彦 INOUE Akihiko JFEスチール スチール研究所 スラグ・耐火物研究部 主任研究員(副部長)
細原 聖司 HOSOHARA Seiji JFEスチール スチール研究所 スラグ・耐火物研究部 主任研究員(課長)
清田 禎公 KIYOTA Yoshisato JFEテクノリサーチ 知的財産事業部 知財調査部長

要旨

製鋼工程は高温の溶銑・溶鋼を多段階のプロセスで扱うため,熱損失が大きい。近年,断熱材と耐火物の進歩により,断熱の設備容量や耐火物寿命への悪影響が軽微となり,熱損失低減が容易となった。今回,製鋼工程における熱損失を評価するとともにその低減方法を検討し,熱損失の大きい溶銑溶鋼輸送容器について断熱による低減を図った。その結果,鉄皮からの熱損失が25~45%低減した。

Abstract

During steelmaking process, high temperature melt is processed through several facilities and containers, therefore the heat loss through steelmaking process is large. Progress of refractories and insulators have reduced the adverse influences by heat-insulation. The amount of heat loss through steelmaking process was estimated. Heat insulation with optimal design was attempted in molten iron and steel containers, heat loss through the steel shell was reduced by 25-45%.

本文

上記資料の閲覧にはAdobe社のAcrobat Reader 5以上が必要です。
Acrobat Reader は下記アイコンをクリックしてダウンロードしてください。
Get Adobe Reader