転炉を用いた省エネルギー型ステンレス鋼製造技術

JFE技報 ONLINE ISSN 2185-4327 / PRINT ISSN 1348-0669

No.38 2016年8月 製鋼特集号

転炉を用いた省エネルギー型ステンレス鋼製造技術
Development of Energy-Saving Stainless Steelmaking Technology using Converter

奥山 悟郎 OKUYAMA Goro JFEスチール 経営企画部 海外事業統括室 主任部員(部長)・博士(工学)
岸本 康夫 KISHIMOTO Yasuo JFEスチール スチール研究所 研究技監・博士(工学)
三木 祐司 MIKI Yuji JFEスチール スチール研究所 主席研究員・博士(工学)

要旨

JFEスチール東日本製鉄所千葉地区ではステンレス鋼溶製プロセスとして,転炉型のクロム鉱石溶融還元法を採用している。本プロセスはフェロクロム合金の代替としてクロム鉱石を利用しており,当社の主原料戦略に合わせた合理的な溶製を可能としている。溶融還元炉でのクロム鉱石原単位の増加によるクロム原料の選択自由度のさらなる向上や熱源として利用している炭材の削減を目的に,炭化水素ガスを燃料としたクロム鉱石加熱添加バーナーランスを開発した。バーナーランスはバーナー火炎を介して鉱石粒子を添加することで,鉱石自体がバーナー燃焼熱の伝熱媒体として機能し,着熱効率を飛躍的に向上することが可能である。本技術の導入により,主原料選択の自由度を向上するだけでなく,従来よりも供給するエネルギーの原単位が17%低減し,溶融還元プロセスにおいて省エネルギー化を実現した。

Abstract

The converter-type chromium ore smelting reduction method has been adopted for the stainless steel refining process at JFE Steel. Since chromium ore is used in this process as a substitute for ferrochromium alloys, this process is consistent with JFE’s strategy of main raw materials for reasonable refining of stainless steel. To increase the feeding rate of chromium ore and decrease the amount of carbonaceous material used as a heat source, a burner lance for heating and feeding chromium ore was developed. The particle heated by the flame functions as a medium of heat transfer from the flame. As a result, it is possible not only to improve the flexibility of the main raw material (chromium source), but also to achieve an energy saving due to the reduction by 17% in supplied energy.

本文

上記資料の閲覧にはAdobe社のAcrobat Reader 5以上が必要です。
Acrobat Reader は下記アイコンをクリックしてダウンロードしてください。
Get Adobe Reader