高速鋳造安定化のための技術開発

JFE技報 ONLINE ISSN 2185-4327 / PRINT ISSN 1348-0669

No.38 2016年8月 製鋼特集号

高速鋳造安定化のための技術開発
Technology Development for Stabilization of High Speed Continuous Casting

伊藤 陽一 ITO Yoichi JFEスチール スチール研究所 製鋼研究部 主任研究員(課長)
村井  剛 MURAI Takeshi JFEスチール 製鋼技術部 主任部員(課長)
三木 祐司 MIKI Yuji JFEスチール スチール研究所 主席研究員・博士(工学)

要旨

連続鋳造における生産性向上の要求に対して高速鋳造安定化の技術開発が進められてきた。JFEスチール西日本製鉄所倉敷地区第4連続鋳造機において鋳型銅板に埋設された多点熱電対を用いた鋳型下端凝固シェル厚のオンライン計算が試験され,各種ブレークアウト検知に対する有効性が得られた。また,幅方向均一冷却ノズル,高圧スプレー法などの強二次冷却のための新技術がモデル実験ならびに実機実験を通じて実施された。それらの二次冷却開発が生産性向上と鋳片品質の改善の両立に有効であることを確認した。

Abstract

High speed continuous casting technology has been developed to improve productivity. The method of real-time calculation of the solidified shell thickness by using multiple thermocouples embedded in the mold copper plates was tested at JFE Steel West Japan Works (Kurashiki) No. 4 continuous caster (CC), and the possibility of detecting various types of breakouts in high-speed casting was demonstrated. In addition, new technologies for intensive secondary cooling, such as uniform cooling nozzles and high-pressure water spray method, were studied through laboratory-scale experiments and plant trials. The results confirmed that the developed secondary cooling technologies are effective for improving both productivity and slab quality.

本文

上記資料の閲覧にはAdobe社のAcrobat Reader 5以上が必要です。
Acrobat Reader は下記アイコンをクリックしてダウンロードしてください。
Get Adobe Reader