連続鋳造機内のバルジングの直接測定技術と数値シミュレーション

JFE技報 ONLINE ISSN 2185-4327 / PRINT ISSN 1348-0669

No.38 2016年8月 製鋼特集号

連続鋳造機内のバルジングの直接測定技術と数値シミュレーション
Direct Measurement Technique and Numerical Simulation of Bulging in Continuous Casting Machine

大野 浩之 OHNO Hiroyuki JFEスチール スチール研究所 製鋼研究部 主任研究員(副課長)
外石 圭吾 TOISHI Keigo JFEスチール スチール研究所 製鋼研究部 主任研究員(副課長)
荒牧 則親 ARAMAKI Norichika JFEスチール スチール研究所 製鋼研究部 主任研究員(副部長)

要旨

連続鋳造工程においては,要求板厚の増大や耐HIC(Hydrogen Induced Crack)鋼の特性向上などの一層厳しくなる鋼材の中心偏析改善要求を満足するために,数々の改善を実施してきた。本研究では,中心偏析改善の重要因子である連続鋳造機ロール間でのバルジング挙動に着目し,JFEスチール 西日本製鉄所(福山地区)第6連続鋳造機においてセグメント内に水柱式の超音波センサーを設置し,鋳造中のバルジングの直接観察を実施した。測定したバルジング量と湯面レベルセンサーによる鋳型内の湯面変動量との比較を行なった結果,両者に相関があることを確認した。また,ロール間バルジングの挙動を応力シミュレーションにより検討し,鋳型内にて生成されるシェル厚の均一度とバルジング量に相関があることを見出した。

Abstract

A number of improvements on center segregation have been conducted in a continuous casting process due to increasing demands such as thicker plates and improving quality of anti-hydrogen induced crack (HIC) steel plates. In this research, JFE Steel focused on the inter-roller bulging behavior as an important factors to improve center segregation and observed the bulging behavior during casting by installing a water ultrasonic range finder in the segment at West Japan Works (Fukuyama) No. 6 continuous caster (CC). It was confirmed that there is a correlation between the amount of bulging and mold level fluctuation. Furthermore, from the result of numerical stress simulation of inter-roller bulging behavior, it was found that there is a correlation between the mount of bulging and the uniformity of shell thickness in the mold.

本文

上記資料の閲覧にはAdobe社のAcrobat Reader 5以上が必要です。
Acrobat Reader は下記アイコンをクリックしてダウンロードしてください。
Get Adobe Reader