純酸素底吹き転炉(Q-BOP)における羽口配列適正化

JFE技報 ONLINE ISSN 2185-4327 / PRINT ISSN 1348-0669

No.38 2016年8月 製鋼特集号

純酸素底吹き転炉(Q-BOP)における羽口配列適正化
Optimization of Tuyere Arrangement in Bottom Blowing Converter

小笠原 太 OGASAWARA Futoshi JFEスチール スチール研究所 製鋼研究部 主任研究員(副課長)
奥山 悟郎 OKUYAMA Goro JFEスチール 経営企画部 海外事業統括室 主任部員(部長)・博士(工学)
菊地 直樹 KIKUCHI Naoki JFEスチール スチール研究所 製鋼研究部長・博士(環境)

要旨

純酸素底吹き転炉(Q-BOP)では,通常の上底吹き転炉に比べて底吹きガスの流量が大きいため,羽口配列の変更などにより浴流動挙動が大きく変化する。しかしながら,その具体的な影響については不明な点が多い。本研究では,実機の1/15スケールの水モデル実験により浴振動の振幅及び振動数を測定し,浴振動のモデル化を行った。その結果,実機も同様のモードで浴振動していることを確認した。水モデル実験の結果をもとに実機Q-BOPの羽口配列の変更を行ったところ,地金噴出が抑制され,出鋼歩留りが0.2%増加した。

Abstract

In bottom-blowing converter (Q-BOP), tuyere arrangement has a large effect on the bath flow due to huge stirring energy of the bottom-blown gas. But the influence of changes in the tuyere arrangement on the bath flow is not well understood. From this viewpoint, effect of the tuyere arrangement on the bath flow in Q-BOP was investigated in a 1/15 scale water model experiment. The amplitude and frequency of bath oscillation were measured. These oscillation phenomena can be modeled by natural oscillation of the 1st order mode. The measured oscillation period in an actual Q-BOP showed good agreement with the result of model calculation. The tuyere arrangement in the actual converter was changed based on the results of the water model experiment. As a result, metal yield improved by 0.2%.

本文

上記資料の閲覧にはAdobe社のAcrobat Reader 5以上が必要です。
Acrobat Reader は下記アイコンをクリックしてダウンロードしてください。
Get Adobe Reader