製鋼技術の進展と今後の展望

JFE技報 ONLINE ISSN 2185-4327 / PRINT ISSN 1348-0669

No.38 2016年8月 製鋼特集号

製鋼技術の進展と今後の展望
Progress and Future Prospects of Steelmaking Technology

三木 祐司 MIKI Yuji JFEスチール スチール研究所 主席研究員・博士(工学)
渡辺 圭児 WATANABE Keiji JFEスチール スチール研究所 スラグ・耐火物研究部長・博士(工学)
大島 健二 OSHIMA Kenji JFEスチール 製鋼技術部長

要旨

JFEスチール発足から10年間の製鋼分野における主要な技術開発について概括した。精錬分野では,予備処理における反応効率向上によるスラグ発生量の低減,転炉・二次精錬における高純度技術ならびに熱余裕拡大による鉄源利用拡大技術の開発に主眼が置かれた。また,スラグ耐火物分野では,スラグ利材化技術の開発,製鋼スラグからの顕熱回収,鉄・りん回収技術の開発を主体に実用化が進められた。鋳造分野では,高生産性と高品質の達成に向け,高速鋳造安定化技術と表面欠陥,割れ防止,中心偏析低減などの無欠陥鋳片製造技術の開発がなされた。本稿では,JFEグループにおける最近の製鋼技術の開発状況と進展について紹介する。

Abstract

Main research and technical development topics in the last decade since the establishment of JFE Steel are summarized. In the refining area, priority was on the reducing of slag generation by improving reaction efficiency in hot metal pretreatment processes, improving purification level in the BOF and secondary refining, and expanding iron source utilization by increasing heating margin. On slag and refractories, slag reuse techniques, sensible heat collection from hot slag, and iron and phosphorus collection techniques were developed and put to practical use. In casting area, stable high-speed casting and defect-free slab production techniques to prevent surface defects and cracks, and reduce center segregation were developed. This paper also introduces future prospects for steelmaking technologies.

本文

上記資料の閲覧にはAdobe社のAcrobat Reader 5以上が必要です。
Acrobat Reader は下記アイコンをクリックしてダウンロードしてください。
Get Adobe Reader