レーザー脱離イオン化質量分析法によるコールタールピッチの熱反応解析

JFE技報 ONLINE ISSN 2185-4327 / PRINT ISSN 1348-0669

No.37 2016年2月 分析・解析特集号

レーザー脱離イオン化質量分析法によるコールタールピッチの熱反応解析
Thermal Reaction Analysis of Coal Tar Pitch by Laser Desorption Ionization Mass Spectrometry

齋藤 真莉子 SAITO Mariko JFEケミカル ケミカル研究所 化成品開発センター 副長
酒井 稔 SAKAI Minoru JFEケミカル ケミカル研究所 化成品開発センター 参事

要旨

レーザー脱離イオン化質量分析法を用いて,コールタールピッチとその熱反応の解析を行なった。ピッチはm/z 160~6000程度のアルキル側鎖を持たない多環芳香族化合物を主として構成されており,そのうちm/z 500以上はトルエン不溶分(TI)側に存在するが,m/z 500以下はトルエン可溶分(TS)とTIの両方に存在していることがわかった。熱反応によってTI成分のピーク強度が上がる一方で,TSの分子量分布には大きな変化が見られなかった。このことは,TS成分がランダムに他の成分(TSやTI)と反応してTI成分に変化していくことを示している。

Abstract

Laser desorption ionization mass spectrometry was applied for analysis of coal tar pitch and its thermal reaction. Pitch was found to consist of polycyclic aromatic hydrocarbons without alkyl side chains, with m/z ranging from 160 to 6000. Although the compounds over m/z 500 of molecular weight were observed only in toluene insoluble (TI) in pitch, the compounds below 500 were found both in toluene soluble (TS) and TI. The heat treatment increased the peak intensity of TI compounds. However, TS showed no significant change in the molecular weight distribution, suggesting that compounds in TS randomly react with TS or TI to be TI through thermal reaction.

本文

上記資料の閲覧にはAdobe社のAcrobat Reader 5以上が必要です。
Acrobat Reader は下記アイコンをクリックしてダウンロードしてください。
Get Adobe Reader