近赤外分光分析法を用いた鉄鋼酸洗液の高速酸濃度分析

JFE技報 ONLINE ISSN 2185-4327 / PRINT ISSN 1348-0669

No.37 2016年2月 分析・解析特集号

近赤外分光分析法を用いた鉄鋼酸洗液の高速酸濃度分析
Fast and Continuous Analysis Method of Steel Pickling Solution Using Near-Infrared Spectroscopy

猪瀬 匡生 INOSE Masao JFEスチール スチール研究所 分析・物性研究部 主任研究員(副課長)
松島 朋裕 MATSUSHIMA Tomohiro JFEテクノリサーチ ソリューション本部(川崎)ナノ材料評価センター主査(課長)
田原 和憲 TAHARA Kazunori JFEスチール 東日本製鉄所(千葉地区)商品技術部薄板室 主任部員(係長)

要旨

鉄鋼プロセスにおける酸洗液の迅速分析法として,近赤外分光分析法の適用を検討した。種々の条件で得られた酸洗液の近赤外吸収スペクトルを用いて,多変量解析を適用することにより,酸洗液中の酸濃度および鉄濃度の測定が可能であることを明らかにした。実機酸洗ラインでのオンライン測定の試験を行ない,近赤外分光分析法による分析値と従来法分析値とがよく一致すること,および長期間の連続測定が可能であることを明らかにした。

Abstract

As a rapid analysis for the pickling solution in steel production lines, near-infrared spectrometry (NIR) was applied for measuring the concentrations of acid and iron in the acid pickling solutions. It was revealed that acid and iron concentrations could be calculated by multivariate analysis using the measurement spectra of the solution that contains varied amount of acid and iron ions. Actual pickling line test was also performed and a good correlation between NIR and chemical analysis values were obtained. By utilizing this system, it was also possible to serve as a long-term continuous measurement.

本文

上記資料の閲覧にはAdobe社のAcrobat Reader 5以上が必要です。
Acrobat Reader は下記アイコンをクリックしてダウンロードしてください。
Get Adobe Reader